ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

2018/05/16

スウェーデンのビルギット・ニルソン財団は15日、2018年の「ビルギット・ニルソン賞」をソプラノ歌手、ニーナ・シュテンメ=写真右=に贈ると発表した。作曲家の意図に対する敬意、ドラマチックなソプラノのレパートリーへの絶え間ない献身、そして、当代を代表するワーグナー・ソプラノとしての活躍ぶりが認められた。スウェーデンが生んだ世界的なソプラノ、ビルギット・ニルソン(1918 – 2005)=写真左=が最晩年に自ら創設した賞は、音楽界で顕著な功績を挙げているアーティスト、団体に贈られており、賞金が音楽賞としては世界最高の100万ドル(約1200万円)。2009年の第1回はテノール歌手のプラシド・ドミンゴが受賞。2011年の第2回は指揮者のリッカルド・ムーティ、2014年の第3回はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が受賞している。

シュテンメは1963年、首都ストックホルムの生まれ。ピアノとヴィオラを学んだ後、声楽への道に進んだが、同時に大学で経営学と経済学を学び、改めてプロの歌手をめざしたという経歴を持つ。英国のグラインドボーン音楽祭での成功で一躍注目を集め、いまでは世界各地の歌劇場で活躍。中でも、《ニーベルングの指環》のブリュンヒルデ、《トリスタンとイゾルテ》のイゾルテといったワーグナー作品での歌唱は評価が高い。授賞式は10月11日、国王夫妻の臨席の下、ストックホルムの王立オペラで行われ、カール16世グスタフ国王から賞状などが授与される。授賞式後、王立オペラのオーケストラによる受賞記念コンサートが行われ、バス・バリトンのブリン・ターフェル、ソプラノのクリスティーナ・ニルソンが共演する。

写真:The Birgit Nilsson Foundation

関連記事

  1. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  3. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  4. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. パリ発 〓 ピアニストのランランが結婚

  6. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクがベルリン・フィルのコンサート・マスターに

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場、2018/19シーズン・ラインナップを発表

  8. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の音楽監督に

  9. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  10. ロンドン発 〓 フレミングが英国でもミュージカル・デビュー

  11. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  12. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  13. リーズ発 〓 国際ピアノ・コンクールが閉幕

  14. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  15. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新しい音楽祭

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。