ニューヨーク発 〓 レヴァイン、契約違反と名誉毀損でメトロポリタン歌劇場を提訴

2018/03/16
【最終更新日】2018/03/28

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場から解雇された指揮者のジェームズ・レヴァイン(James Levine)が契約違反と名誉毀損で歌劇場を訴えていることが15日判った。 AP通信が報じたもので、メトロポリタン歌劇場の元音楽監督の弁護士がニューヨーク裁判所に対し、不公平な解雇を求める訴えを起こしたと伝えている。

レヴァインに対して歌劇場は12日、複数の青年へのセクハラ疑惑に絡み、解雇して関係を断つとの声明を発表していた。レヴァインは約40年の長きにわたって歌劇場の音楽監督として活躍し、解雇されるまで名誉音楽監督を務めていた。

報道によると訴えは、契約違反と名誉毀損を絡み、580万ドルの損害賠償と「レヴィンの名声、キャリアの回復」を要求。弁護士は歌劇場とピーター・ゲルブ支配人が「Mettoo運動の善意を冷淡にハイジャックし、レヴァインを歌劇場から追い出そうとする長年にわたるキャンペーンに利用された」と主張しているという。

    関連記事を読む ▶

関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ヤンソンスがダウン、バイエルン放送響の日本ツアーは代役にメータ

  2. ニューヨーク発 〓 テノールのカマレナがMETのアンコール記録を更新

  3. ドレスデン発 〓 ドミンゴがザクセン州立歌劇場にデビュー

  4. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  5. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  6. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。