グラインドボーン音楽祭 〓 コンクール「オペラ・カップ」終了、優勝はサマンサ・ハンキー

2018/03/26
【最終更新日】2018/03/30

若手歌手のためのコンクール「グラインドボーン・オペラ・カップ」のファイナルが25日行われ、アメリカのメゾ・ソプラノ、サマンサ・ハンキーが優勝した。ハンキーはマサチューセッツ州マーシュフィールドの出身で、ウォルナットヒル芸術学校を経て、ニューヨークのジュリアード音楽院に学び、卒業時に「ピーター・メニン賞」を受賞している。2位はアメリカのソプラノ、ジャクリーン・スタッカー、3位はコソボのソプラノ、エルベニタ・カチャチとなった。「グラインドボーン・オペラ・カップ」は今回の初回。ベルリンのコミッシェオパーの芸術監督バリー・コスキー、チューリヒ歌劇場の芸術監督ソフィー・デ・リント、イタリア・フェニーチェ劇場の芸術監督フォルトゥナート・オルトンビーナ、メゾ・ソプラノ歌手のジャネット・ベイカーらが審査員を務め、最優秀賞には15,000ポンド(約220万円)の賞金と国際的なキャリアを築くため出演機会が与えられる。

    音楽祭情報はこちら ▷

関連記事

  1. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 ベルギーの若手歌手が「夜の女王」の代役で大成功

  3. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  4. ベルファスト発 〓 アルスター管が次期首席指揮者にダニエレ・ルスティオーニ

  5. ヴェルビエ音楽祭 〓 出演者のキャンセルが相次ぎ、ついにラトルに指揮を依頼

  6. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新しい音楽祭

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。