エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

2018/07/28
【最終更新日】2018/07/29

7月3日に開幕した南仏エクス=アン=プロヴァンス音楽祭(Festival International d’Art Lyrique d’Aix-en-Provence)が早くも、2019年の音楽祭の中核プログラムを発表した。音楽祭は今年、オランダ国立オペラの芸術監督を退任したピエール・アウディを総監督に迎えたばかり。任期1年目のラインアップに注目が集まっていた。アウディは1957年、レバノン・ベイルート生まれの演出家。パリを経て、17歳で英国に移住、オックスフォード大学で学んでいる。79年にロンドンのイズリントンにアルメイダ劇場を自ら創設して多くの舞台を手掛け、88年からオランダ国立オペラの芸術監督を務め(-2018)。2005年からはオランダ・フェスティヴァルの芸術監督(2005-2014)、2015年からはニューヨークのパークアベニューアルモニーの芸術監督も兼任してきた大御所。2019年の音楽祭の概要は以下の通り。

モーツァルト《レクイエム》
=ロメオ・カステルッチの演出、若手気鋭古楽指揮者ラファエル・ピションと彼が率いる「ピグマリオン」のアンサンブルと合唱団などによる演奏。


プッチーニ《トスカ》
=ダニエレ・ルスティオーニが手兵のリヨン国立オペラを率いての公演。クリストフ・オノレの新演出。


ワイル《マハゴニー市の興亡》
=エサ=ペッカ・サロネンが英国のフィルハーモニア管弦楽団、「ピグマリオン」合唱団を指揮する。イヴォ・ヴァン・ホーヴェの新演出。


リーム《ヤーコブ・レンツ=狂ってゆくレンツ》
=オペラ《ヤーコブ・レンツ=狂ってゆくレンツ》はヴォルフガング・リーム(1952-)の室内オペラ第2番で(1977/78)、今回がフランス初演。演奏はインゴ・メッツマッハー指揮のアンサンブル・モデルン。演出はアンドレア・ブレス。


マオール《The Sleeping Thousand》
=世界初演。《The Sleeping Thousand》は、イスラエルの作曲家アダム・マオール(1983-)による、イスラエルとパレスチナの紛争についてのヘブライ語のオペラ。演出、脚本はヨナタン・レヴィ。


写真:Festival International d’Art Lyrique d’Aix-en-Provence / Pascal Victor


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  2. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の音楽祭の概要を発表

  3. BBCプロムス 〓 公演DVD発売:ゲルギエフ & ミュンヘン・フィル

  4. ザルツブルク音楽祭 〓 ブルーノ・ガンツが《魔笛》を降板

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 ベルギーの若手歌手が「夜の女王」の代役で大成功

  6. トランス=シベリア芸術祭 〓 2018年の芸術祭が開幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。