ストックホルム発 〓 今年の“ノーベル賞の指揮者”にフィンランドのダリア・スタセヴスカ

2018/12/07

フィンランド人指揮者のダリア・スタセヴスカ(Dalia Stasevska)が今年の“ノーベル賞の指揮者”に決まった。スウェーデンの首都ストックホルムで10日に行われる授賞式、晩餐会でロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団を指揮する。女性の指揮者が起用されるのは、2016年のマリー・ローセンミール(Marie Rosenmir)に続いて2人目。

スタセヴスカは1984年、ウクライナのキエフ生まれ。ヘルシンキのシベリウス音楽院でヴァイオリン、ヴィオラ、作曲、指揮法を学び、ヨルマ・パヌラ、レイフ・セーゲルスタムに師事している。エサ=ペッカ・サロネン、パーヴォ・ヤルヴィのアシスタントなどを務めた後、ヨーロッパ各地のオーケストラを指揮している。

写真:Harrison Parrott / Jarmo Katila


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2018/2019シーズンの公演プログラムを発表

  3. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  4. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  5. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  6. ロンドン発 〓 「クイーンズ・シアター」が「スティーヴン・ソンドハイム・シアター」に

  7. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  8. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  9. ライプチヒ発 〓 コープマンがバッハ資料財団の新しい会長に

  10. パリ発 〓 パリ国立オペラの次期総裁にアレクサンダー・ニーフ

  11. ミラノ発 〓 スカラ座がサウジアラビアからの資金提供を拒否

  12. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がオンデマンド配信のスケジュールを発表

  14. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  15. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。