オランジュ音楽祭 〓 2018年のスケジュール発表

2018/05/12

南仏オランジュ音楽祭が2018年のスケジュールを発表した。開幕は5月25日に行われる「Pop the Opera」。100人を超えるアーティストが集合して、アリア、ポップス、映画音楽などが演奏される。今年のオペラはボーイト《メフィストフェレ》とロッシーニ《セビリアの理髪師》。《メフィストフェレ》は7月5日と9日の上演で、指揮はナタリー・シュトゥッツマン。演出はジャン=ルイ・グリンダ。アーウィン・シュロット、ジャン=フランソワ・ボラス、カルメン・ジャンナッタージョ、ベアトリス・ユリア=モンゾン他が出演する。一方の《セビリアの理髪師》は7月31日と8月4日の上演。こちらの演出はアドリアーノ・シニヴィア。指揮はジャンパオロ・ビサンティで、オクサナ・ディカ、アイーダ・ガリフッリーナ、エカテリーナ・セメンチュクたちが出演する。オペラ上演の前にはリサイタルが行われ、7月5日はカリーヌ・デエ、9日はエドガルド・ロチャ、31日はエヴァ=マリア・ウェストブロック、8月4日はジョルジュ・ペテアンが出演する。また、7月16日には、アンブロワジーヌ・ブレらが出演するガラ・コンサートも行われる。

    音楽祭情報はこちら ▷

関連記事

  1. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  2. 訃報 〓 ロシアの作曲家、指揮者、ヴィアチェスラフ・オフチニコフ

  3. シカゴ発 〓 デヴィッド・クーパーがシカゴ交響楽団の首席ホルンに

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  7. プラハ発 〓 チェコ・フィルの首席指揮者にビシュコフが就任

  8. ベルリン発 〓 3つのオペラハウスが2018年の“興行成績”を発表

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  10. シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

  11. ニューヨーク発 〓 ラン・ランが音楽教育に500万ドルの寄付

  12. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  13. タングルウッド音楽祭 〓 2019年の音楽祭のスケジュールを発表

  14. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  15. パリ発 〓 第4回「エフゲニー・スヴェトラーノフ国際指揮者コンクール」終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。