ボン発 〓 若手指揮者のヨエル・ガムゾウが活動の半分を新作初演に当てる新しいオーケストラを創設

2023/08/20
【最終更新日】2023/08/21

イスラエル系アメリカ人指揮者のヨエル・ガムゾウ(Yoel Gamzou)が新しいオーケストラ「oneMusic」を起ち上げることになった。新しいオーケストラは活動の半分を新作初演に当てるのが特徴で、ドイツ、オーストリア、スイス、英国の著名オーケストラのメンバーが参加しているという。

ガムゾウは1988年、イスラエル・テルアビブ生まれの35歳。2018年から2022年までドイツ・ブレーメン市立劇場の音楽総監督を務めるなど、期待を集める若手の一人で、中学生時代にマーラーの交響曲第10番に興味を持ったことでその補筆作業を続け、マーラーの没後100年に当たる2011年に20代で自らの「ガムゾウ版」を初演、録音したことでも知られる。

新しいオーケストラはバイエルンやベルリンといったドイツの州立歌劇場管弦楽団、英国のロンドン交響楽団やロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニック、スイスのルツェルン交響楽団やチューリッヒ歌劇場管弦楽団のプレーヤーで構成され、この9月15日と16日にボン・ベートーヴェン・フェスティバル(Beethovenfest Bonn)でデビューするという。

写真:Hessischen Staatsorchester / Johnnes Lay


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場の音楽総監督にヴァシリス・クリストプロス

  2. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団がスペイン・ツアーを中止

  3. 訃報 〓 ルート・ヘッセ(87)ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  4. ロンドン発 〓 感染力強い新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

  5. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  7. 訃報 〓 ミハイル・ユロフスキ(76)ロシアの指揮者

  8. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  9. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラが新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をストリーミング配信

  10. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の次期芸術総監督にベルリン州立オペラのマティアス・シュルツ

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  12. 東京発 〓 東フィルが2024シーズンのラインナップを発表

  13. アルテンブルク発 〓 アルテンブルク・ゲラ劇場が音楽総監督のルーベン・ガザリアンとの契約を延長

  14. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ(88)イタリアのテノール歌手

  15. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。