ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/07/22

ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。新シーズンは音楽監督がダニエレ・ガッティからミケーレ・マリオッティに交代して最初のシーズン。ラインナップは以下の通り。

新シーズンはジョルジョ・バッティステッリに劇場が作曲を委嘱した《ジュリアス・シーザー》の世界初演で幕を開ける。それに先立ち、ヴェルディ《ジョヴァンナ・ダルコ》の上演も予定されている。1972年以来久々の上演で、ダヴィデ・リヴァモアが新演出を手掛ける。

リチャード・ジョーンズが新演出を手掛けるヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》も劇場初演と話題の一画を占める。オクサーナ・リーニフが指揮するプッチーニ《トゥーランドット》の新演出を、艾未未(アイ・ウェイウェイ)が手掛けるという話題もある。

また、夏休みが終わった後、シディ・ラルビ・シェルカウイが新演出を手掛けるグルック《アルセスト》の上演もある。

10月17日 – 26日
ヴェルディ《ジョヴァンナ・ダルコ》
[出演]ニーノ・マチャイゼ / フランチェスコ・メーリ / ロベルト・フロンターリ / ディミトリ・ベロセルスキー
[指揮]ダニエレ・ガッティ
[演出]ダヴィデ・リヴァモア

11月20日 – 28日
ジョルジョ・バッティステッリ《ジュリアス・シーザー》
[出演]クリーヴ・ベイリー / エリオット・マドーレ / ジュリアン・ハバード
[指揮]ダニエレ・ガッティ
[演出]ロバート・カーセン

2021年12月4日 – 12日 & 2022年11月2日 – 5日
プッチーニ《トスカ》
[出演]サイオア・エルナンデス / ロベルト・フロンターリ / ヴィットリオ・グリゴーロ
[指揮]パオロ・アッリヴァベーニ
[演出]アレッサンドロ・タレヴィ

2022年1月18日 – 27日
ヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》
[出演]コリーヌ・ウィンタース / チャールズ・ワークマン / キャロリーン・スプルール / スーザン・ビックリー / ジュリアン・ハバード
[指揮]デイヴィッド・ロバートソン
[演出]リチャード・ジョーンズ

2月8日 – 17日
ヴェルディ《ルイザ・ミラー》
[出演]ロベルタ・マンテーニャ / ミケーレ・ペルトゥージ / アントニオ・ポーリ / ダニエラ・バルチェローナ / マルコ・スポッティ / アマルトゥブシン・エンクバット
[指揮]ミケーレ・マリオッティ
[演出]ダミアーノ・ミケレット

3月22日 – 31日
プッチーニ《トゥーランドット》
[出演]オクサナ・ディカ / ブライアン・イメル / フランチェスカ・ドット / マルコ・スポッティ
[指揮]オクサーナ・リーニフ
[演出]艾未未(アイ・ウェイウェイ)

4月19日 – 30日
ベッリーニ《清教徒》
[出演]ジェシカ・プラット / ローレンス・ブラウンリー / フランチェスコ・デムーロ / フランコ・ヴァッサーロ / ニコラ・ウリヴィエーリ
[指揮]ロベルト・アバド
[演出]アンドレア・デ・ローザ

6月3日 – 11日
ヴェルディ《エルナーニ》
[出演]フランチェスコ・メーリ / ルカ・ミケレッティ / エフゲニー・スタヴィンスキー / アンジェラ・ミード
[指揮]マルコ・アルミリアート
[演出]ウーゴ・デ・アナ

10月4日 – 13日
グルック《アルセスト》
[出演]スタニスラス・ド・バルベイラク / マリーナ・ヴィオッティ / カ・ティットート / パトリック・ライター
[指揮]ジャンルカ・カプアーノ
[演出]シディ・ラルビ・シェルカウイ

写真:Teatro dell’Opera di Roma


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. モスクワ発 〓 プーチン大統領がゲルギエフに対し、ボリショイ、マリインスキーの両方を統括するポストを打診

  2. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  3. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  4. 訃報 〓 レナーテ・ホルム, オーストリアのソプラノ歌手

  5. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が新制作の《マノン》をストリーミング配信

  6. ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

  7. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  8. 東京発 〓 日本フィルの次期首席指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  9. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  11. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  13. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  14. サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

  15. ボルチモア発 〓 ボルチモア響の次期音楽監督にジョナソン・ヘイワード

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。