訃報 〓 ミヒャエル・ハンペ(87)ドイツの演出家

2022/11/22
【最終更新日】2023/02/05

ドイツを代表する演出家の一人、ミヒャエル・ハンペ(Michael Hampe)が11月18日、スイス・チューリッヒで亡くなった。87歳だsった。著名な歌劇場で数多くのオペラを演出、200作を超える舞台が映像化されている巨匠演出家として知られた。

1935年、ハイデルベルクの生まれ。米国シラキュース大学でチェロを学び、ミュンヘンのオットー・ファッケルベルク学校で演劇を学んだ後、ハイデルベルク大学で演劇・音楽学とドイツ学を専攻した。

その後、ドイツやスイスのさまざまな劇場で経験を積み、1972年にマンハイム州立劇場の芸術監督に就任。1975年にはケルン市立劇場の芸術監督に転じて、1995年まで務めて演出家としての名声を確立した。

ケルン在任中は欧米の著名な劇場、音楽祭でも活躍。中でも、オーストリアのザルツブルク音楽祭とは縁が深く、1983年のリッカルド・ムーティ指揮《コジ・ファン・トゥッテ》、1987年のヘルベルト・フォン・カラヤン指揮《ドン・ジョヴァンニ》、モーツァルトの没後200年を祝った1991年のベルナルト・ハイティンク指揮《フィガロの結婚》の名舞台を残し、1985年から1990年かけて実行委員会のメンバーも務めた。

また、1993年から2000年にかけてドレスデン音楽祭の音楽監督を務め、旧東独エリア最大の音楽祭へと育て上げた。

日本でも1998年に新国立劇場の《魔笛》、滋賀県立芸術劇場「びわ湖ホール」では2012年の《タンホイザー》、2016年の《さまよえるオランダ人》、2017年から2020年にかけて《ニーベルングの指環》全4部作を演出している。

ケルン音楽舞踏大学の教授の他、さまざまな講座を通じて後進の指導にも尽力、ドイツ舞台技術協会の副会長を務めたこともあり、パリ国立オペラのバスティーユ歌劇場や東京の新国立劇場等の設計、劇場の改修工事のアドバイザーなども務めた。

写真:Oper Köln


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 チューリッヒはワクチン証明か、その場での検査陰性で入場可

  2. ハンブルク発 〓 ブロムシュテットが当面の活動を休止、また転倒で怪我

  3. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  4. シカゴ発 〓 米国の音楽サイトがシカゴ響の次期音楽監督を予想、マリン・オールソップら6人の名前

  5. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  6. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  7. グラインドボーン発 〓 グラインドボーン音楽祭がウクライナ支援のチャリティー・コンサート

  8. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  9. クリーブランド発 〓 ウェルザー=メストが2027/2028シーズンでクリーブランド管の音楽監督を退任、在職25年は音楽監督として歴代最長

  10. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  11. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場の次期音楽監督にウクライナの指揮者アンドリー・ユルケヴィチ

  12. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  13. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの総監督に演出家のロッテ・デ・ベア

  14. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  15. 訃報 〓 フー・ツォン(86)中国生まれの英国のピアニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。