訃報 〓 ミヒャエル・ハンペ, ドイツの演出家

2022/11/22

ドイツを代表する演出家の一人、ミヒャエル・ハンペ(Michael Hampe)が11月18日、スイス・チューリッヒで亡くなった。著名な歌劇場で数多くのオペラを演出、200作を超える舞台が映像化されている巨匠演出家として知られた。

1935年、ハイデルベルクの生まれ。米国シラキュース大学でチェロを学び、ミュンヘンのオットー・ファッケルベルク学校で演劇を学んだ後、ハイデルベルク大学で演劇・音楽学とドイツ学を専攻した。

その後、ドイツやスイスのさまざまな劇場で経験を積み、1972年にマンハイム州立劇場の芸術監督に就任。1975年にはケルン市立劇場の芸術監督に転じて、1995年まで務めて演出家としての名声を確立した。

ケルン在任中は欧米の著名な劇場、音楽祭でも活躍。中でも、オーストリアのザルツブルク音楽祭とは縁が深く、1983年のリッカルド・ムーティ指揮《コジ・ファン・トゥッテ》、1987年のヘルベルト・フォン・カラヤン指揮《ドン・ジョヴァンニ》、モーツァルトの没後200年を祝った1991年のベルナルト・ハイティンク指揮《フィガロの結婚》の名舞台を残し、1985年から1990年かけて実行委員会のメンバーも務めた。

また、1993年から2000年にかけてドレスデン音楽祭の音楽監督を務め、旧東独エリア最大の音楽祭へと育て上げた。

日本でも1998年に新国立劇場の《魔笛》、滋賀県立芸術劇場「びわ湖ホール」では2012年の《タンホイザー》、2016年の《さまよえるオランダ人》、2017年から2020年にかけて《ニーベルングの指環》全4部作を演出している。

ケルン音楽舞踏大学の教授の他、さまざまな講座を通じて後進の指導にも尽力、ドイツ舞台技術協会の副会長を務めたこともあり、パリ国立オペラのバスティーユ歌劇場や東京の新国立劇場等の設計、劇場の改修工事のアドバイザーなども務めた。

写真:Oper Köln


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  2. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  3. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  4. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを厳格化、劇場やホールは12月半ば過ぎまで閉鎖

  5. ヴェルビエ音楽祭 〓 クラスター乗り越えて予定通り開幕、藤田真央はモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏へ

  6. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  7. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  8. フィラデルフィア発 〓 指揮者のネゼ=セガンがバイデン大統領、ハリス副大統領に公開書簡

  9. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  11. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  12. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  13. ミュンヘン発 〓 作曲家ワーグナーの曾孫、エヴァ・ワグナー・パスキエが退院

  14. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  15. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。