モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表

2018/05/07
【最終更新日】2018/08/21

ロシア・モスクワのボリショイ劇場が2018/2019シーズンのラインナップ発表した。243回目のシーズンは、オペラが26公演、バレエが37作品を行われる。12年上演してきたドミトリー・チェルニャコフ演出のチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》が新しいプロダクションに代わる他、オペラの新演出は6作品。旧ソ連崩壊後、ゴタゴタが続いていたボリショイ劇場は、2014年から若いトゥガン・ソヒエフ(Tugan Sokhiev)を音楽監督に迎え、ワレリー・ゲルギエフ率いるサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場を追撃中。ソヒエフは1977年、北オセチアのウラジカフカス生まれ。1996年にゲルギエフ記念ウラジカフカス芸術学校を卒業し、サンクトペテルブルク音楽院で1999年までイリヤ・ムーシン、その後、2001年に卒業するまでユーリ・テミルカーノフに師事した俊英。2005年のからフランス・トゥールーズのキャピトル国立管弦楽団の首席客演指揮者、2008年からは音楽監督を務めている。

写真:Bolshoi theater

    詳細はこちら ▷

関連記事

  1. ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. 東京発 〓 第18回「東京国際音楽コンクール」指揮部門で沖澤のどか優勝

  3. パリ発 〓 新しい“リング”含め、パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  5. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットが存続の危機?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。