ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

2019/08/17
【最終更新日】2019/08/18

世界で最も忙しい指揮者の面目躍如ー。母親危篤の報を受け、当日になって13日のバイロイト音楽祭《タンホイザー》を降板したワレリー・ゲルギエフが、15日夜のザルツブルク音楽祭《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場に復帰、周囲は改めて彼のタフさに驚いているという。

ゲルギエフの郷里は、ロシア連邦を構成する北オセチア共和国の首都ウラジカフカス。《タンホイザー》降板を決めてすぐに現地に向かい、3人兄弟とその子供たちで母の最期を看取ったという。ゲルギエフは陸軍士官だった父を14歳で亡くしており、母タマラさんによって育てられた。

翌14日には葬儀に参列。それからザルツブルクに舞い戻るという強行軍だったが、批判が相次いだ《タンホイザー》とは違い、《シモン・ボッカネグラ》の初日の評判は上々。《タンホイザー》は17日、21日、25日の公演が残っているが、そちらは予定通り指揮するという。

BBC / London Symphony Orchestra


関連記事

  1. 訃報 〓 イタリアの指揮者、クラウディオ・シモーネ

  2. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場博物館が創立100周年の記念展示

  3. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  4. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  5. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  6. ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。