ベルリン音楽祭 〓 2018年の音楽祭のプログラムを発表

2018/04/21

ベルリン音楽祭のスケジュールが発表された。今年の音楽祭は8月31日〜9月18日。ベルリン・フィルがホスト役を務めていることもあって、大物指揮者が率いる著名なオーケストラや演奏団体が競演を繰り広げる豪華な音楽祭で、今年も地元ベルリンのオーケストラの他、ボストン交響楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団などが客演する。

今年のテーマは、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー(1862 – 1918)の没後100年とドイツの現代音楽作曲家ベルント・アロイス・ツィンマーマン(1918 – 1970)の生誕100年。ツィンマーマンは戦後、ルネ・レイボヴィッツからセリエリズムの洗礼を受けた後、ISCM(国際現代音楽協会)ドイツのプレジデント、ケルン音楽大学作曲科の教授を歴任したが、1970年に自分の音楽が理解されないとしてピストル自殺を遂げた。


    音楽祭情報はこちら ▷

関連記事

  1. ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

  2. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  3. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  4. シドニー発 〓 オペラハウスに映し出された広告が物議

  5. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場、2018/2019シーズンのプログラミングを発表

  6. 東京発 〓 新国立劇場が2018/2019シーズンの上演スケジュールを発表

  7. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 魔笛

  8. バイロイト音楽祭 〓 アラーニャが《ローエングリン》を降板

  9. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  10. 訃報 〓 フランスの名テノール、ミシェル・セネシャル死去

  11. ライプチヒ発 〓 コープマンがバッハ資料財団の新しい会長に

  12. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  13. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  14. パリ発 〓 フランス放送フィルのコンサートマスターに韓国出身のパク・ジユン

  15. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 今年の「バッハ・メダル」はピアニストのロバート・レヴィン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。