ヘルシンキ発 〓 ヘルシンキ・フィルの次期首席指揮者にユッカ=ペッカ・サラステ

2022/04/13

フィンランドのヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団(Helsingin kaupunginorkesteri)が次期首席指揮者にユッカ=ペッカ・サラステ(Jukka-Pekka Saraste)を迎えると発表した。2016年からその任にあったスザンナ・マルッキが2022/2023シーズンで退任するのを受けて。任期は3年。

サラステはフィンランド・ラハティ生まれの65歳。ヴァイオリン奏者として教育を受けた後、シベリウス音楽院でヨルマ・パヌラの元で指揮法を学んだ後、フィンランド放送交響楽団の第2ヴァイオリンの一員として活動。その後、レイフ・セーゲルスタムに師事して指揮者デビューした。

これまでカナダのトロント交響楽団の音楽監督(1994-2001)、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(2006-2013)、ラハティ交響楽団の芸術監督兼首席指揮者(2008-2011)、ケルンWDR交響楽団の首席指揮者(2010–2019)を歴任してきた。

写真:WDR Sinfonieorchester Köln


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  2. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が空席だったコンサートマスターにデイヴィッド・ラジンスキ

  3. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  4. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  5. マドリッド発 〓 「オペラ・アワード」が2022年の年間賞を発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  7. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  8. リガ発 〓 2022年の「オペラリア」はラトビア国立歌劇場で

  9. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  10. ハンブルク発 〓 ハンナ・チャンがハンブルク響の首席客演指揮者に

  11. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  12. 訃報 〓 レオン・フライシャー(92)米国のピアニスト

  13. ミュンヘン発 〓 ソプラノのニーナ・シュテンメに「宮廷歌手」の称号

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  15. パリ発 〓 ポリーニの復帰は6月以降?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。