訃報 〓 アンドラーシュ・リゲティ, ハンガリーの指揮者

2021/09/24

ハンガリーの指揮者アンドラーシュ・リゲティ(András Ligeti)が9月18日に亡くなった。68歳だった。ハンガリー国立歌劇場のコンサートマスターから指揮者に転身し、ハンガリーを代表する指揮者として世界各地のオーケストラ、歌劇場に客演、コンサート、オペラの両面で活躍、数多くの録音を残している。

ハンガリー南部ペーチの生まれで、ブタペストのリスト音楽院でヴァイオリンと指揮を学び、指揮はアンドラーシュ・コーロディに師事した。1977年にハンガリー国立歌劇場にコンサートマスターとして入団した。

コンサートマスターを務めるかたわら、ショルティ奨学金を受けてウィーン国立音楽演劇大学で学び、カール・エスターライヒャーに師事して本格的に指揮者に転身、1985年まで国立歌劇場の首席指揮者を務めた。

その後、フリーの指揮者として世界各地のオーケストラ、歌劇場で活躍。日本のオーケストラも数多く指揮している。その間、ハンガリー放送交響楽団の首席指揮者(1989-1993)、台北交響楽団の音楽監督(2005-2007)なども務めている。

また、指揮者のクラウディオ・アバドとの交流からグスタフ・マーラー・ユーゲント・オーケストラの指揮も手掛け、1990年代は現代音楽の音楽祭「ウィーン・モデルン」にも出演を重ね、ストラヴィンスキーやバルトーク、クルタークの解釈などは国際的に高く評価されている。

写真:Hungarian State Opera






関連記事

  1. 訃報 〓 ヤン・クレンツ, ポーランドの指揮者・作曲家

  2. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. テルアビブ発 〓 ズービン・メータに新型コロナの陽性反応、イスラエル・フィルの最終日はキャンセル

  4. バリャドリッド発 〓 カスティーリャ・イ・レオン響の次期首席指揮者にティエリー・フィッシャー

  5. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  6. カンザスシティ発 〓 ヴァイオリンの岩崎潤がカンザスシティ響のコンサートマスターに

  7. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  8. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新製作の《サロメ》をライブ・ストリーミング

  9. ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

  10. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督兼首席指揮者を退任、名誉指揮者に

  11. 訃報 〓 ロザンナ・カンテリ, イタリアのソプラノ歌手

  12. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  13. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  14. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  15. ザルツブルク発 〓 1592年にオープンの老舗楽譜店が閉店

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。