モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

2021/09/11

カナダのテノール歌手ベン・ヘップナー(Ben Heppner)が8年にわたってパーソナリティーを務めてきたカナダ公共放送が週に一度放送しているラジオ番組「オペラと過ごす午後」を“卒業”することを発表した。2014年にオペラを引退、それから出演を続けていた。今後はメディア・プレゼンターに転身するという。

ブリティッシュ・コロンビア州マレイビルの生まれの65歳。1979年にカナダ公共放送主催のタレント・フェスティバルで優勝。1988年にカーネギー・ホールの演奏会で米国デビューを飾り、1989年にスウェーデン王立歌劇場の舞台に立ってヨーロッパ・デビューを飾った。

その後、ドラマティックなワーグナー・テノールとしての評価を確立。世界の著名な歌劇場で出演を重ねる一方、数多くの録音に参加。カナダで行われた二度の冬季オリンピックの閉会式でも歌うなど、カナダを代表するオペラ歌手の一人として活躍した。

写真:Radio-Canada


関連記事

  1. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  2. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  3. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  4. ベルリン発 〓 ベルリン交響楽団の次期首席指揮者にハンスイェルク・シェレンベルガー

  5. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  6. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルのメンバーに初のトルコ人

  8. 東京発 〓 東京都交響楽団が歴代指揮者との名演奏をYouTubeで配信

  9. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  10. ベオグラード発 〓 ベオグラード・フィルが首席指揮者のガブリエル・フェルツとの契約を延長

  11. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  12. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ歌劇場が《チェネレントラ》をストリーミング配信

  13. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルのウクライナ支援のチャリティー・コンサートに4,000万円超の善意

  14. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  15. クラスノヤルスク発 〓 第2回「ヴィクトル・トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール」でスペインのマリア・ドゥエナスが優勝、河井勇人、清水公望が入賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。