シンシナティ発 〓 シンシナティ響の次期音楽監督にクリスティアン・マチェラル

2024/04/25

米国のシンシナティ交響楽団(Cincinnati Symphony Orchestra)が次期音楽監督にクリスティアン・マチェラル(Cristian Macelaru)を迎えると発表した。2013年からその任にあるルイ・ラングレー (Louis Langrée)の後任で、2024/2025シーズンは音楽監督代理、2025/2026シーズンから第14代音楽監督を務める。任期は4年間。

マチェラルは1980年、ルーマニア・ティミショアラ生まれの44歳。米国で音楽教育を受け、ヴァイオリニストとして音楽活動をスタート。マイアミ交響楽団の最年少コンサートマスターとして活動した後、マイアミ大学、ライス大学で学び、タングルウッド音楽祭、アスペン音楽祭で研鑽を積んだ。

その後、指揮者に転身。その後は著名なオーケストラに客演。現在はボンを拠点に活動しており、2019/2020シーズンからドイツ・ケルンのWDR交響楽団の首席指揮者、2020/2021シーズンからはフランス国立管弦楽団の音楽監督も務めている。WDR響との契約は2025/2026シーズンで終了する。

写真:Orchestre National De France / Christophe Abramowitz


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 都響の新たなコンサートマスターに水谷晃

  2. 訃報 〓 ルース・ファルコン(77)アメリカのソプラノ歌手

  3. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  4. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  6. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールが最終出場者22人を発表

  7. 訃報 〓 ネッド・ローレム(99)米国の作曲家

  8. エアフルト発 〓 ドイツのエアフルト・フィルハーモニー管弦楽団が次期音楽監督にアレクサンダー・プライアー

  9. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響が史上初のヨーロッパ・ツアー

  10. サモーラ発 〓 サモーラ歌劇祭が近隣の相次ぐ森林火災でオペラ上演を来年に延期

  11. ロンドン発 〓 ヤクブ・フルシャ、ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督に

  12. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  13. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  14. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  15. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。