ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第2週のストリーミングのラインナップを発表

2021/03/09

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が3月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表した。ストリーミングはライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

9日
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
出演:ミヒャエル・ヴォッレ / ハンス=ペーター・ケーニヒ / リカルダ・メルベート / ヘルベルト・リッペルト
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:クリスティーヌ・ミーリッツ
(収録:2015)


10日
リヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》
出演:リゼ・ダヴィドセン / ステファン・グールド / エリン・モーリー / レイチェル・フレンケル / マルクス・アイヒェ
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録:2017)


11日
ヴェルディ《ファルスタッフ》
出演:アンブロージョ・マエストリ / リュドヴィク・テジエ / ヒラ・ファヒマ
指揮:ズービン・メータ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
(収録:2016)


12日
ヴェルディ《椿姫》
出演:プリティ・イェンデ / ファン・ディエゴ・フローレス / イゴール・ゴロヴァテンコ / マーガレット・プランマー
指揮:ジャコモ・サグリパンティ
演出:サイモン・ストーン
(収録:2021)


13日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
出演:ヨナス・カウフマン / マリン・ビストレム / イヴ=モー・ユボー / イゴール・ゴロヴァテンコ
指揮:ベルトラン・ド・ビリー
演出:ペーター・コンヴィチュニー
(収録:2020)


14日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
出演:ステファノ・セッコ / ディミトリ・ホヴォロストフスキー / マリア・ピア・ピスチテッリ / ベアトリス・ユリア=モンゾン
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ダニエル・アバド
(収録:2015)


15日
ヴェルディ《アイーダ》
出演:エレーナ・グーセワ / グレゴリー・クンデ / エカテリーナ・グバノヴァ / シモーネ・ピアッツォーラ
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ニコラ・ジョエル
(収録:2019)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  2. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  3. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ(93)ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  4. サンクト・ペテルブルク発 〓 ミハイロフスキー劇場の音楽監督にアレヴティナ・ヨッフェ、ロシア初の女性音楽監督

  5. 訃報 〓 ヘルマン・クレバース(94)オランダのヴァイオリニスト、コンセルトヘボウ管弦楽団の名コンサートマスター

  6. ハノーファー発 〓 州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》を1月20日からストリーミング配信

  7. ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

  8. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがトゥガン・ソヒエフの出演をキャンセル

  9. サンディエゴ発 〓 サンディエゴ交響楽団の新しい本拠地「レイディ・シェル」がオープン

  10. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  11. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィルのライブCD発売へ

  12. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  14. ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の女性コンサートマスター、第1ヴァイオリンのヴィネタ・サレイカ=フォルクナーが昇格

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。