ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第2週のストリーミングのラインナップを発表

2021/03/09

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が3月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表した。ストリーミングはライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

9日
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
出演:ミヒャエル・ヴォッレ / ハンス=ペーター・ケーニヒ / リカルダ・メルベート / ヘルベルト・リッペルト
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:クリスティーヌ・ミーリッツ
(収録:2015)


10日
リヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》
出演:リゼ・ダヴィドセン / ステファン・グールド / エリン・モーリー / レイチェル・フレンケル / マルクス・アイヒェ
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:スヴェン=エリック・ベヒトルフ
(収録:2017)


11日
ヴェルディ《ファルスタッフ》
出演:アンブロージョ・マエストリ / リュドヴィク・テジエ / ヒラ・ファヒマ
指揮:ズービン・メータ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
(収録:2016)


12日
ヴェルディ《椿姫》
出演:プリティ・イェンデ / ファン・ディエゴ・フローレス / イゴール・ゴロヴァテンコ / マーガレット・プランマー
指揮:ジャコモ・サグリパンティ
演出:サイモン・ストーン
(収録:2021)


13日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
出演:ヨナス・カウフマン / マリン・ビストレム / イヴ=モー・ユボー / イゴール・ゴロヴァテンコ
指揮:ベルトラン・ド・ビリー
演出:ペーター・コンヴィチュニー
(収録:2020)


14日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
出演:ステファノ・セッコ / ディミトリ・ホヴォロストフスキー / マリア・ピア・ピスチテッリ / ベアトリス・ユリア=モンゾン
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ダニエル・アバド
(収録:2015)


15日
ヴェルディ《アイーダ》
出演:エレーナ・グーセワ / グレゴリー・クンデ / エカテリーナ・グバノヴァ / シモーネ・ピアッツォーラ
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ニコラ・ジョエル
(収録:2019)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  2. エディンバラ発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティがスコッチ・ウィスキー「ザ・マッカラン」のイメージ・キャラクターに

  3. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  5. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  6. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  7. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  8. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  9. 訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

  10. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  12. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  13. 訃報 〓 マルチェッラ・レアーレ, 米国のソプラノ歌手

  14. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  15. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。