バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が今後の計画を発表、音楽祭150周年の2026年から新しい《指環》

2023/07/29

新制作の《パルジファル》で開幕したドイツのバイロイト音楽祭(Bayreuther Festspiele)が今後の計画を発表した。それによると、音楽祭が150周年を迎える2026年は、新制作の《ニーベルングの指環》が登場する他、《リエンチ》がバイロイトで初めて上演される。

それ以外の新制作は、2024年が《トリスタンとイゾルデ》、2025年が《ニュルンベルクのマイスタージンガー》。《トリスタンとイゾルデ》の新演出を手掛けるのは、アイスランド出身のトルレイフール・オーン・アルナルソンで、指揮はセミヨン・ビシュコフ。トリスタンにアンドレアス・シャーガー、イゾルデにはカミラ・ニールンドが起用される。

一方、2025年の《ニュルンベルクのマイスタージンガー》は、マティアス・ダヴィッツが新演出を手掛ける。指揮はダニエレ・ガッティで、ハンス・ザックスにゲオルク・ツェッペンフェルト、ワルターをマイケル・スパイレスが歌う。

今年2023年の音楽祭では、開幕の《パルジファル》をパブロ・エラス=カサドが、《タンホイザー》をナタリー・シュトゥッツマンが指揮して音楽祭にデビュー。上演2年目となる《指環》は、昨年予定されながらコロナ禍で降板したピエタリ・インキネンが指揮している。

ただ、今年も直前になっての歌手交代も多く、7月に入ってステファン・グールドが病気で急きょ降板。彼が受け持っていた《神々の黄昏》のジークフリートにアンドレアス・シャーガー、《トリスタンとイゾルデ》のトリスタンにクレイ・ヒレイ、《タンホイザー》のタンホイザーにクラウス・フロリアン・フォークトを急きょ起用することになった。

さらに直前になって《パルジファル》のタイトルロールを歌うはずだったヨーゼフ・カレヤが降板。その代役をシャーガーが務めることになり、彼が今年歌う予定だった《さまよえるオランダ人》のエリックを急きょ、トミスラフ・ムゼクが歌うことになった。

そうしたドタバタに加え、世界的なチケットの争奪戦が続いてきた音楽祭にとって今年は、史上初めて開幕時点で多くの公演のチケットが売れ残るという事態に。最も売れていないのが《指環》で、これまで通し券のみの販売だったが、今年はバラ売りに踏み切っている。来年2024年の《指環》の指揮はフィリップ・ジョルダンと発表された。

写真:Bayreuther Festspiele / Elisabeth von Pölnitz-Eisfeld


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. 大津発 〓 滋賀県立芸術劇場「びわ湖ホール」のゴールデン・ウィークは「近江の春 – びわ湖クラシック音楽祭」から「びわ湖の春音楽祭」に

  2. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  3. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  4. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  5. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの次期音楽総監督にジェームズ・ガフィガン、カペルマイスターには八嶋恵利奈

  6. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンがアバドの生誕90年を記念して、残された録音をすべて収録した限定ボックス・セットをリリース

  7. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  8. ヴェルビエ発 〓 ヴェルビエ音楽祭も開催断念

  9. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が2021年夏の公演ラインナップを発表

  10. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが12日まで公演をキャンセル、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  12. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  14. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  15. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が総監督カタリーナ・ワグナーの長期療養を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。