バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭、2025年のオペラは《蝶々夫人》

2024/03/09

ドイツのバーデン=バーデン復活祭音楽祭(Festspiele Baden-Baden)が2025年の復活祭音楽祭の概要を発表した。2025年はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がレジデント・オーケストラを務める最後の年。2026年からはかつて出演していたザルツブルク復活祭音楽祭に復帰する。

発表によると、2025年は4月12日から21日の開催。注目のオペラはプッチーニ《蝶々夫人》で、演出を手掛けるのはダヴィデ・リヴァモア。エレオノーラ・ブラット、ジョナサン・テテルマン、テレサ・イエルヴォリーノ、タシス・クリストヤニスが出演する。ちなみに2024年はリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》。

一方、ベルリン・フィルのコンサートは、ペトレンコ指揮でベートーヴェンの《第九》。カタリナ・コンラディ、ベス・テイラー、ゼバスティアン・コールヘップ、タレク・ナズミが出演する。また、クラウス・マケラがアルプス交響曲を指揮する。

復活祭音楽祭では2013年からレジデント・オーケストラを務めてきたベルリン・フィルのザルツブルクに復帰した後、2026年と2027年はクラウス・マケラ率いるロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、ヨアナ・マルヴィッツとマーラー室内管弦楽団がレジデント・オーケストラを務めることになっている。

写真:Festspiele Baden-Baden


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. エッセン発 〓 ドイツの老舗音楽月刊誌「フォノ・フォルム」廃刊へ

  2. ベルリン発 〓 バレンボイムが当面の演奏活動の休止を発表

  3. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が今後の予定を発表。ビシュコフ、ガッティが復帰

  4. ウォームズリー発 〓 英国の夏のオペラ・フェスティバル、ガーシントン・オペラが2024年夏の公演ラインナップを発表

  5. ニューヨーク発 〓 リンカーン・センターがこの夏で「モーストリー・モーツァルト・フェスティバル」を終了

  6. ベルリン発 〓 リサ・バティアシュヴィリがベルリン・フィルのコンサートマスターに

  7. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場の音楽総監督に英国の指揮者レオ・マクフォール

  8. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  9. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  10. ハンブルク発 〓 ハンブルク交響楽団がマルタ・アルゲリッチとの公演をライブ配信

  11. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  12. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  13. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  14. ベルリン発 〓 バレンボイムが体調不良で新制作の《指環》の指揮を断念、代役にティーレマン

  15. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。