フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

2021/07/06

メゾ・ソプラノ歌手のクラウディア・マーンケ(Claudia Mahnke)にフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号が贈られた。マーンケは2006/2007シーズンからフランクフルト市立歌劇場のメンバーで、劇場への長年の貢献が認められた。

マーンケは旧東ドイツ・メラーネ生まれの53歳。ドレスデンのカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学で声楽を学び、卒業後はケムニッツ劇場の歌手陣に加わった。

1994年、ベルリン・ドイツ連邦歌唱コンクールに入賞してシュトゥットガルト州立オペラに移籍、2006年にはバイエルン州から「宮廷歌手」が贈られている。

フランクフルトに移ってからも世界各地の歌劇場、オーケストラに出演を重ねており、2013年にはバイロイト音楽祭にデビュー、2016年にはワーグナー《トリスタンとイゾルデ》のブランゲーネを歌っている。

伝達式は7月4日、彼女が出演した新制作の《カルメル派修道女の対話》の公演終了後に行われた。

写真:Oper Frankfurt / Barbara Aumüller


関連記事

  1. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  2. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  3. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  5. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が過去の公演をYouTubeで配信

  7. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  8. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  9. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  10. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  11. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  12. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  13. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  14. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  15. 訃報 〓 ロザンナ・カンテリ, イタリアのソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。