ジュネーブ発 〓 ジョナサン・ノットが音楽監督を務めるスイス・ロマンド管と契約更改、任期を2026年まで延長

2023/07/11

スイス・ロマンド管弦楽団(Orchestre de la Suisse Romande)が音楽監督・首席指揮者を務める英国の指揮者ジョナサン・ノット(Jonathan Nott)との契約を延長したと発表した。2017年からその任にあり、今回の契約更改で、任期は2026年まで延びる。前回2021年の契約更改では、契約終了の日時が明記されず、それ自体が話題を呼んだ。

ノットは英国中部ソリフル生まれの60歳。ケンブリッジ大学で音楽学を専攻した後、王立ノーザン音楽大学で声楽とフルートを専攻、その後、指揮者に転身した。2000年から2016年にバンベルク交響楽団の首席指揮者を務めた他、日本では2014年から東京交響楽団の音楽監督を務めている。

スイス・ロマンド管は1918年、指揮者のエルネスト・アンセルメによって創設された。「スイス・ロマンド」とは、「ロマンス語(=フランス語)圏のスイス」の意味で、ジュネーヴが拠点。1938年にローザンヌにあったスイス・ロマンド放送のオーケストラを吸収、ジュネーヴ大劇場のオペラ、バレエの公演でオーケストラ・ピットにも入っている。

写真:Orchestre de la Suisse Romande / Magali Dougados


関連記事

  1. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の次期首席指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  2. バルセロナ発 〓 指揮者のジョセップ・ポンスがリセウ大劇場との契約を延長

  3. 東京発 〓 新国立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインアップを発表

  4. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  5. イエナ発 〓 イエナ・フィルが音楽総監督のジモン・ガウデンツとの契約を延長

  6. モスクワ発 〓 ロシアのメディア、ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督も兼務と報道

  7. 香港発 〓 コンサートホールなどまた閉鎖、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  8. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  9. ミラノ発 〓 12月7日のシーズン開幕は無観客でスペシャル・ガラ・コンサート

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. シカゴ発 〓 シカゴ響がコンサートを中止、ムーティに陽性反応

  13. モスクワ発 〓 グネーシン音楽学校の教員とキーシン、トリフォノフら卒業生がプーチン支持のホフロフ校長に抗議声明

  14. 訃報 〓 佐藤陽子(72)日本のヴァイオリニスト

  15. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。