訃報 〓 グラハム・クラーク(81)英国のテノール歌手

2023/07/08

英国を代表するテノール歌手、グラハム・クラーク(Graham Clark)が7日に亡くなった。81歳だった。ワーグナー《ニーベルングの指環》のローゲやミーメ、ベルク《ヴォツェック》の大尉といった性格俳優的な役柄で国際的に活躍。ここ数ヶ月、がんと闘っていた。

ランカシャーのリトルボロー生まれで、ロングボロー教育大学、ロングボロー大学を卒業。体育教師を数年務めた後、大学院で学び、スポーツ・カウンシルのシニア・リージョナル・オフィサーを経て、改めて声楽の道に進んだ。

1975年、スコティッシュ・オペラでオペラのキャリアをスタート。その年、台風で壊滅的な被害を受けたオーストラリア・ダーウィンを支援するため、ロイヤル・オペラで行われたチャリティ・コンサートに出演、ジョーン・サザーランドらと共演して注目された。

その後、1978年から1985年までイングリッシュ・ナショナル・オペラのプリンシパル・アーティストを務め、性格俳優的な役柄を中心に国際的な活躍を続けた。メトロポリタン歌劇場にも82回出演、リヒャルト・シュトラウスの《サロメ》や《ナクソス島のアリアドネ》、ベルクの《ヴォツェック》や《ルル》などに出演を重ねた。

また、ドイツのバイロイト音楽祭にも出演を重ね、1980年代末から1990年代初めに上演されたハリー・クプファー演出、ダニエル・バレンボイム指揮の《ニーベルングの指環》のローゲとミーメ役で強い印象を残した。ローゲとミーメは275回以上歌っている。

2019年に引退するまで幅広い活躍を続け、1986年の《独裁者ファウスト》などでローレンス・オリヴィエ賞に3度ノミネートされた他、1991年のメトロポリタン歌劇場で初演されたジョン・コリリアーノの《ベルサイユの亡霊》ではエミー賞にノミネートされている。

写真:Groves Artists


関連記事

  1. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  2. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  3. ロンドン発 〓 英国王立音楽院の弦楽器部門の責任者にコントラバスのグラハム・ミッチェル、ハープ部門はカトリン・フィンチ

  4. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  5. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  6. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  7. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ベルリン発 〓 バレンボイムが健康上の理由から、5月1日のベルリン・フィル「ヨーロッパ・コンサート」の指揮から降板

  9. リヨン発 〓 ソプラノのナタリー・デセイ、2025年をもってクラシック音楽界からの引退を発表

  10. ミラノ発 〓 スカラ座が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  11. 訃報 〓 ゲオルク・シュメーエ(81)ドイツの指揮者

  12. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  13. パリ発 〓 米国のソプラノ歌手リセッテ・オロペサにフランス政府の「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  14. 訃報 〓 ジャンルイジ・ジェルメッティ(75)イタリアの指揮者

  15. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。