アントワープ発 〓 アントワープ響の首席指揮者エリム・チャンが2023/2024シーズンをもって退任

2023/06/16

デンマークのアントワープ交響楽団(Antwerp Symphony Orchestra)が首席指揮者のエリム・チャン(陳以琳)の退任を発表した。2023/2024シーズンをもって退任するという。チャンは2019/2020シーズンからエド・デ・ワールトの後任としてその任にあり、歴代最年少の首席指揮者だった。

チャンは香港生まれの36歳。幼い頃から、チェロ、ピアノ、合唱団を学び、香港のユナイテッド・ワールド・カレッジ(UWC)を卒業。その後、医師をめざして米国の名門女子大スミス大学に留学するが、途中で専攻を音楽に変更して卒業した後、ミシガン大学の大学院で研鑽を積んだ。

その後、ロンドン交響楽団が主催する2014年の「ドナテッラ・フリック欧州指揮者コンクール」で、女性指揮者として初めて優勝。2017年からスウェーデンのノルランド・オペラ交響楽団の首席指揮者、英国のロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オーケストラの首席客演指揮者を務めた。

アントワープ響は1937年の創設。かつてロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Flemish Philharmonic)と呼ばれていたオーケストラで、2017年4月に現在の名称に改称された。歴代の首席指揮者には、アンドレ・ヴァンデルノート、フィリップ・ヘレヴェッヘ、ヤープ・ヴァン・ズヴェーデンがいる。

写真:Royal Scottish National Orchestra


関連記事

  1. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  2. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  3. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  5. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  6. ブリュッセル発 〓 大野和士がブリュッセル・フィルの次期音楽監督に

  7. ケベック発 〓 空席だったケベック響の音楽監督にクレメンス・シュルト

  8. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  9. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  10. モスクワ発 〓 ミハイル・プレトニョフの後任にアレクサンドル・ルディン、ロシア・ナショナル管の音楽監督

  11. ミラノ発 〓 スカラ座のマイヤー総裁が劇場パフォーマーへの迅速なワクチン接種を求める請願書

  12. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  13. バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

  14. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  15. 訃報 〓 リン・ハレル(76)米国のチェロ奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。