ナポリ発 〓 裁判所がステファン・リスナーの復職認める、サン・カルロ劇場の総裁ポストめぐり

2023/09/17

ナポリのサン・カルロ劇場総裁を務めていたステファン・リスナー(Stephane Lissner)が6月に70歳を迎えたという理由で突然解任された件をめぐり、イタリアの裁判所が復職を認める判決を出した。劇場はメローニ政権がオペラ財団のトップの年齢制限を70歳とする新法を施行させたことを受け、2025年3月31日の任期満了前にリスナーを解任していた。

イタリアでの報道をまとめると、判決では、裁判所は新たに導入された年齢制限を差別的であると認定、新法は履行が始まっている契約には適用できず、早期の契約解除は違法と判断、復職を求めるリスナーの主張を支持した。リスナーはパリ国立オペラの総裁退任後、2021年から劇場の総裁を務めていた。

劇場はリスナーの解任後、9月1日からローマ歌劇場の総裁やイタリア放送協会(RAI)の最高経営責任者を歴任してきたカルロ・フォルテス(Carlo Fuortes)を後任に迎えている。今後、どちらかが辞任する、あるいは裁判所がフォルテスの任命を違法と認定するのか、オペラ界の注目を集めている。

写真:Andreas Solaro

関連記事

  1. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 ガリシア王立フィルハーモニーの次期芸術監督にバルドゥア・ブレニマン

  2. 訃報 〓 オスカー・ギリア(85)イタリアのギタリスト

  3. ナント発 〓 国立ロワール管が新シーズンのラインナップ発表を見送り

  4. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  5. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2023年の音楽祭の概要を発表

  6. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  8. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  9. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  10. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  11. ウィーン発 〓 エリザーベト・レオンスカヤがモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリース

  12. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送がヤンソンスの70枚組みのCDボックスをリリース

  14. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの次期音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  15. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。