ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

2021/09/02

ロサンゼルス・オペラ(Los Angeles Opera)が予定通り、2021年9月18日に2021/2022シーズンの幕を開けると発表した。新型コロナウイルスの流行による混乱で、開幕公演に予定されているモンテカルロ歌劇場との共同制作によるヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》のセットを積んだ船便が到着せず、上演が危ぶまれていた。

ロサンゼルス・オペラも、2020年3月8日以来の再開場。開幕公演の《イル・トロヴァトーレ》の指揮はジェームズ・コンロン。レオノーラ役にグアンクン・ユー、マンリーコ役にリミー・プリアムとグレゴリー・クンデ、アズチェーナ役にレーハン・ブライス・デイビス、ルーナ伯爵にウラジーミル・ストヤノフが起用される。

セットの到着を待ちかねた劇場側は、クリエイティブチームに連絡を取り、ドロシー・チャンドラー・パビリオンの舞台に10日かけて改めてセットを作り、上演の準備を整えたという。公演は10月10日まで6回行われ、10月3日と10日の公演は、劇場の「On Now デジタルプログラム」を通じてライブ・ストリーミングされる。

写真:Los Angeles Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  2. リーズ発 〓 英国のオペラ・ノースが新制作のヘンデル《アルチーナ》をストリーミング配信

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《パルジファル》を18日にストリーミング

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  6. バイロイト発 〓 ジョン・ルンドグレンが《さまよえるオランダ人》からも降板、バイロイト音楽祭の出演をすべてキャンセル

  7. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  8. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  9. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の第8代首席指揮者にクラウス・マケラ

  10. コペンハーゲン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがコペンハーゲン・フィルの名誉客演指揮者に

  11. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  12. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョの大規模改修工事スタート、2022年9月まで閉館

  13. ロンドン発 〓 スターンが所有していた「ヴィヨーム」がオンライン・オークションに

  14. 訃報 〓 リナト・イブラギモヴァ, ロンドン交響楽団の元首席コントラバス奏者

  15. ボン発 〓 ベートーヴェン国際ピアノ・コンクールは予定通り12月開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。