ロンドン発 〓 ロンドン響が2024/2025シーズンを発表、アントニオ・パッパーノ体制がスタート

2024/04/15

ロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)が2024/2025シーズンを発表した。新シーズンは、サイモン・ラトルの後任として首席指揮者にアントニオ・パッパーノ(Antonio Pappano)を迎える最初のシーズン。作曲家ブーレーズの生誕100年にスポット・ライトを当て、バービカン・センターのレジデント・オーケストラとして年間70以上の公演を行う。

発表によると、新シーズンは9月11日、指揮台にパッパーノを迎えて、ジェームズ・マクミランの新作とシベリウスの交響曲第1番で幕を開ける。パッパーノはコンサート以外では、演奏会形式によるプッチーニ《つばめ》、アスミク・グリゴリアンが出演するリヒャルト・シュトラウス《サロメ》を指揮する。

客演する指揮者の中では、名誉指揮者のサイモン・ラトル1月と5月に登場。70歳を迎えることから、バースデー・コンサートが2回開催される。一方、桂冠指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスは12月に80歳を迎えるが、それに先立って10月に指揮台に登場、マーラーの交響曲第2番を指揮する。

ブーレーズに関しては、首席客演指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトが作曲家の音楽と遺産を称えるコンサートを指揮する。その他、ダニエレ・ルスティオーニ、クラウス・マケラ、バーバラ・ハンニガン、ジャナンドレア・ノセダ、ダニエル・ハーディング、グスターボ・ドゥダメル、スザンナ・マルッキが客演する。

また、第2の演奏拠点で教会を改装した「セント・ルークス」については、2025年1月から8ヶ月間閉鎖しての大規模改築工事がスタートする。最新鋭の音響・映像レコーディング設備が整備される他、オーケストラの教育、幼児教育、コミュニティ活動のための新しいスペースが設けられるという。

写真:London Symphony Orchestra / Chris Christodoulou


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  2. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  5. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルズがベルリン・ドイツ・オペラとの契約を延長

  6. 東京発 〓 東京都交響楽団が歴代指揮者との名演奏をYouTubeで配信

  7. ヘルシンキ発 〓 指揮者ハンヌ・リントゥに睡眠薬をめぐる疑惑?、フィンランド国営放送

  8. グラインドボーン発 〓 2022年の音楽祭の上演オペラのラインナップを発表

  9. バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

  10. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  11. ベルリン発 〓 リサ・バティアシュヴィリがベルリン・フィルのコンサートマスターに

  12. モントリオール発 〓 モントリオール交響楽団がケント・ナガノに名誉指揮者の称号

  13. フィラデルフィア発 〓 マリン・オールソップがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  14. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを延長、2022年1月14日まで

  15. 訃報 〓 ヴィルジニア・ゼアーニ(95)ルーマニア出身のソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。