ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

2018/12/01

2021年から始まる総合文化センター「ガスタイク=Gasteig」の改修工事の中で、音響設計を「永田音響設計」の豊田泰久(Yasuhisa Toyota)が担当することが決まった。10者によるコンペの結果。「ガスタイク」内の3つのホールの音響設計を受け持つ。「ガスタイク」は1985年のオープン。ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として使われてきた。建設から30年を過ぎたこともあって老朽化が進んでいる他、当初から音響の悪さが指摘されていた。改修工事は5年の予定。その間、ミュンヘン・フィルの演奏場所を確保するため、ミュンヘン市は3000万ユーロの予算で新たなホールを建設する計画。ホールは木製で客席1800。こちらも音響設計は豊田氏。改修工事終了後、民間に売却するという。

写真:Gasteig


関連記事

  1. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  2. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  3. バーデン=バーデン音楽祭 〓 ネトレプコ、エイヴァゾフ夫妻が《アドリアーナ・ルクヴルール》を降板

  4. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  5. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ

  6. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。