エーテボリ発 〓 エーテボリ交響楽団が首席客演指揮者にバーバラ・ハンニガン

2018/04/08
【最終更新日】2018/04/09

ソプラノのバーバラ・ハンニガンが2018/2019シーズン、スウェーデンのエーテボリ交響楽団(Gothenburg Symphony Orchestra)の首席客演指揮者に就任することになった。もう一人の首席客演指揮者は巨匠クリストフ・エッシェンバッハ。ハンニガンはカナダ出身で、現代音楽の分野を中心に活躍。アルバム「クレイジー・ガール・クレイジー」は、昨年のグラミー賞の「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得するなど活躍が続いている。指揮者として過去いくつかのオーケストラを指揮した経験を持ち、「クレイジー・ガール・クレイジー」でも、歌うだけでなく指揮も担当していたが、著名なオーケストラの定期的なポストに就任するのは初めて、という。エーテボリ交響楽団の今シーズンの客演指揮者は、シモーネ・ヤングの他、チェリストとして活動した後に指揮者に転向し、2017/2018シーズンからノルウェーのトロンハイム交響楽団の首席指揮者に就任したハンナ・チャン、リスボン・グルベンキアン管弦楽団客演指揮者を務めるジョアナ・カルネイロなど、女性の指揮者が目立つ一方、過去に音楽監督を務めたネーメ・ヤルヴィ(1982 – 2004)、グスターボ・ドゥダメル(2007 – 2012)の名前が消えている。

関連記事

  1. ワシントン発 〓 作曲家フィリップ・グラスがケネディ・センター名誉賞を受賞

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  3. ナポリ発 〓 メータが指揮台に復帰

  4. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  5. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  6. シドニー発 〓 シドニー交響楽団がアシュケナージに桂冠指揮者の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。