ウィーン発 〓 ズービン・メータがウィーン・フィルをキャンセル

2018/04/06

指揮者のズービン・メータが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との北ヨーロッパ・ツアーをキャンセルした。81歳のメータは昨年末、肩の手術を受けており、回復が待たれている。代役はダニエル・ハーディング(Daniel Harding)とアンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andres Orozco-Estrada)の二人。ハーディングは2016/2017シーズンから、パーヴォ・ヤルヴィの後任としてパリ管弦楽団の音楽監督を務めている。また、オロスコ=エストラーダは、フランクフルト放送交響楽団の首席指揮者、およびヒューストン交響楽団の音楽監督を務め、2021/22シーズンからはウィーン交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 レヴァイン、契約違反と名誉毀損でメトロポリタン歌劇場を提訴

  2. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが土曜夜の公演を18歳以下に無料開放

  3. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート、シルヴィア・カレッドゥ退団へ

  5. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  6. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の《リゴレット》を指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。