ウィーン発 〓 ズービン・メータがウィーン・フィルをキャンセル

2018/04/06

指揮者のズービン・メータが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との北ヨーロッパ・ツアーをキャンセルした。81歳のメータは昨年末、肩の手術を受けており、回復が待たれている。代役はダニエル・ハーディング(Daniel Harding)とアンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andres Orozco-Estrada)の二人。ハーディングは2016/2017シーズンから、パーヴォ・ヤルヴィの後任としてパリ管弦楽団の音楽監督を務めている。また、オロスコ=エストラーダは、フランクフルト放送交響楽団の首席指揮者、およびヒューストン交響楽団の音楽監督を務め、2021/22シーズンからはウィーン交響楽団の首席指揮者に就任することが決まっている。

関連記事

  1. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  2. ナポリ発 〓 メータが指揮台に復帰

  3. アムステルダム発 〓 ジャニーヌ・ヤンセンにヨハネス・フェルメール賞

  4. ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立歌劇場との契約を延長

  5. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  6. 訃報 〓 作曲家のオリヴァー・ナッセンが死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。