訃報 〓 フリードリヒ・チェルハ(96)オーストリアの作曲家

2023/02/15
【最終更新日】2023/02/16

オーストリアの作曲家フリードリヒ・チェルハ(Friedrich Cerha)が14日、ウィーンで亡くなった。96歳だった。現代音楽の最前線で活動、未完成だったベルクのオペラ《ルル》を完成させた。また、新ウィーン楽派への強い愛着をみせ、ベルク、シェーンベルク、ヴェーベルン作品の解釈者として知られた。

1926年、ウィーン生まれ。第二次世界大戦が始まると、ナチス・ドイツの迫害を逃れるため、チロルのアルプスに一時期避難している。子どもの頃から作曲に関心を持ち、現在のウィーン音楽・舞台芸術大学でヴァイオリン、作曲、音楽教育を、ウィーン大学で音楽学、ドイツ語およびドイツ文学、哲学を学んだ。

1958年、オーストリアの後輩作曲家クルト・シュヴェルツィクとアンサンブル「ディ・ライエ」を結成。1959年から母校で教鞭を執り、1969年に助教授、1976年に正教授に任命され、作曲、記譜、新しい音楽の解釈を担当した。

ベルクのオペラ《ルル》を完成させたのは1970年代後半になってからで、1979年にはピエール・ブーレーズの指揮でパリで初演された。4年後にウィーン国立歌劇場でも演奏されている。

ブレヒトの戯曲を原作とした初の自作オペラ《バール》は代表作の一つで、1981年にザルツブルクで初演され、その後のウィーン初演の際には、作曲者自身が指揮台に立った。オペラでは、ウィーン国立歌劇場の委嘱作《シュタインフェルドの巨人》が2002年に初演された。

管弦楽曲には1960年から1972年にかけて作曲された《シュピーゲル》の第1番から第7番、1981年の《ネツヴェーク》などがあり、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団150周年を記念して献呈された《大管弦楽のためのインパルス》が1993年に発表されている。

1986年にオーストリア国家大賞、2005年にオーストリア科学・芸術栄誉賞、2008年にウィーン州功労金賞など受賞多数。また、2019年には母校の名誉会員に選出されており、ウルリケ・シック学長はオーストリアのメディアに「彼はアーティストとして、教師として、そして何よりも民主主義のために譲れない姿勢を持った人として、常に私たちのお手本でした」と語っている。

写真:Universität für Musik und darstellende Kunst Wien / Mathias Swoboda)





関連記事

  1. 訃報 〓 グレアム・ヴィック(67)イギリスの演出家

  2. 訃報 〓 ルーゼン・グネス(80)トルコ出身のヴィオラ奏者

  3. モンペリエ発 〓 モンペリエ国立オペラが元旦から《リゴレット》をストリーミング配信

  4. 東京発 〓 東フィルが2023シーズンのラインナップを発表

  5. 訃報 〓 カーライル・フロイド(95)アメリカの作曲家

  6. ニューヨーク発 〓 ブロードウェイ地区、2021年5月末まで劇場閉鎖を延期

  7. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  8. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  9. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  10. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  11. 訃報 〓 イヴリー・ギトリス(98)イスラエルのヴァイオリニスト

  12. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィルのライブCD発売へ

  13. コペンハーゲン発 〓 デンマークがファビオ・ルイージに「ダネブロー騎士勲章」ナイト章を授与

  14. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  15. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。