訃報 〓 ゼフランコ・ゼフィレッリ(96)イタリアの映画監督、演出家

2019/06/16
【最終更新日】2023/02/16

映画監督、オペラ演出家として世界的な活躍を続けたフランコ・ゼフィレッリ(Franco Zeffirelli)が15日、ローマにある自宅で亡くなった。96歳だった。2020年にはオマーンの首都マスカットにある王立オペラ(Royal Opera House Muscat)で、ヴェルディ《リゴレット》の演出を手掛けることが決まっていた。

ゼフィレッリは1923年、イタリア中部フィレンツェの生まれ。仕立て屋の息子としてフィレンツェの英国上流階級の人々のコミュニティで育ち、ルキノ・ヴィスコンティのスタッフとして演劇界に入った。映画の代表作に1968年の映画「ロミオとジュリエット」、半自伝的作品とされる1999年の「ムッソリーニとお茶を」があり、2002年には最後の作品「永遠のマリア・カラス」を制作している。

オペラの演出でも知られ、豪華絢爛で、ステージに多くの人間を登場させて「マス」として動きを作り出すダイナミックな舞台で世界的な歌劇場を席巻。日本でも新国立劇場の1998年の開場記念公演《アイーダ》も手掛けた。メトロポリタン歌劇場の《トゥーランドット》、ミラノ・スカラ座の《アイーダ》など、名作の上演はいまでも各地で続いている。

また、1994年にはベルルスコーニ元首相の率いる中道右派政党から出馬して上院議員も務めた。プライベートでは、ゲイであることを公にしており、2016年には、イタリアの歴史家による研究チームが発表した「レオナルド・ダ・ヴィンチの存命する血縁者」の中の約35人の中の一人であると報じられた。

写真:Fainello / Fondazione Arena di Verona


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン響の首席客演指揮者にフランスの若手マリー・ジャコー

  2. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. リスボン発 〓 グルベキアン管の音楽監督にハンヌ・リントゥ、ロレンツォ・ヴィオッティの後任

  5. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場の新しい《指環》に暗雲、共同制作のイングリッシュ・ナショナル・オペラへの助成削減で

  7. ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

  8. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  9. モスクワ発 〓 ミハイル・プレトニョフの後任にアレクサンドル・ルディン、ロシア・ナショナル管の音楽監督

  10. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの新しいクラリネット奏者はともにスロベニア出身で同門という二人

  12. ハンブルク発 〓 州立オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、音楽総監督ケント・ナガノの最終シーズン

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラが新制作の《トゥーランドット》のストリーミング配信を開始

  15. ヨービル発 〓 ボーンマス交響楽団が新たな拠点をゲット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。