ザルツブルグ発 〓 モーツァルト週間が2024年の公演ラインナップを発表、テーマは「モーツァルトとサリエリ」

2023/05/24

誕生日1月27をはさみ、生誕地オーストリア・ザルツブルグで行われているモーツァルト週間(Mozartwoche)が2024年の公演ラインナップを発表した。2024年のテーマは「モーツァルトとサリエリ」で、1月24日から2月4日までの開催。

最大の話題は演奏会形式で上演されるオペラ《皇帝ティートの慈悲》。フェルゼンライトシューレで行われる公演で、ジョルディ・サヴァール率いるコンセール・デ・ナシオンが出演、2019年から芸術監督を務めるテノール歌手のローランド・ヴィラゾンによる演出が加わる。

客演するオーケストラはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、カメラータ・ザルツブルグ、モーツァルテウム管弦楽団、アンドラーシュ・シフが指揮するカペラ・アンドレア・パルカ、ヨーロッパ室内管弦楽団、バーゼル室内管弦楽団、デンマーク室内管弦楽団など。

ウィーン・フィルの演奏会は3回で、ヨアナ・マルヴィッツ、ラハフ・シャニ、アンドレス・オロスコ=エストラーダが起用される。マルヴィッツはオペラ《フィガロの結婚》序曲、イゴール・レヴィットとのピアノ協奏曲、シューベルトの交響曲第8(9)番というプログラムが組まれている。

また、シャニはアンネ・ソフィー・ムター、ミヒャエル・バレンボイムを起用したヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲とベートーヴェンの交響曲第5番《運命》。オロスコ=エストラーダは交響曲32番、ソル・ガペッタを起用したハイドンのチェロ協奏曲、オペラ《劇場支配人》序曲とサリエリのオペラ《はじめに音楽、次に言葉》を指揮する。

写真:Stiftung Mozarteum / Wolfgang Lienbacher


  もっと詳しく ▷

  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ブルノ発 〓 ブルノ国民劇場がヤナーチェクのオペラ《運命》をライブ・ストリーミング

  2. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  3. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラが新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をストリーミング配信

  4. ヴィリニュス発 〓 リトアニア国立オペラ・バレエ閉鎖へ、総監督の新型コロナ感染で

  5. ベルリン発 〓 復帰したブロムシュテットがベルリン・フィルの指揮台に。コンサートはストリーミング配信へ

  6. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  7. ザルツブルク発 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年のモーツァルト週間が開幕

  8. 訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー(63)オーストリアのフルート奏者

  9. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  10. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の総支配人らモスクワの芸術家がプーチン大統領に「ウクライナでの特殊作戦」停止を求める請願書を提出

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 バルトリ、聖霊降臨祭音楽祭との契約を延長

  12. ウィーン発 〓 アンゲリカ・キルヒシュラーガーがオペラからの引退を表明

  13. クアラルンプール発 〓 マレーシア・フィルの音楽監督に準・メルクル

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 2020年夏の音楽祭のプログラムを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。