サンターガタ発 〓 イタリア政府が競売危機のヴェルディの旧居を取得、オペラ界は総力あげてチャリティー・キャンペーン

2023/02/05

イタリア政府が“オペラ王”、作曲家のジュゼッペ・ヴェルディが約50年暮らしたサンターガタの旧居を取得することになった。ジェンナーロ・サンジュリアーノ文化相が先週、下院議会で表明したもの。旧居は昨年まで美術館として運営されていたが、相続をめぐって閉鎖され、競売に掛けられる危機に陥っていた。

サンターガタは北イタリアのパルマ近くの小さな街で、ピアチェンツァ、クレモナを結ぶ三角形の真ん中に位置する。旧居はヴェルディは1848年に取得し、1851年から1901年に亡くなるまで居を構えた。元々は両親のために所得したが、母の死後、二人目の妻となるジュゼッピーナ・ストレッポーニと移り住んだ。

転居後、ヴェルディは本館の両側に自ら設計した2棟を増築、温室、礼拝堂、馬車小屋、レモン畑や池が造られ、ジュゼッピーナの好きなモクレンの花をはじめとする植栽も整えられた。ここから《椿姫》から《イル・トロヴァトーレ》、《運命の力》、《ドン・カルロ》、《アイーダ》、《ファルスタッフ》がここから世に送り出された。

競売のニュースが流れた時点で、イタリアでは音楽家たちが競売への懸念を表明。指揮者のリッカルド・ムーティは新聞の取材に「ヴェルディはダンテやレオナルドのようなもので、彼のヴィラが個人の手に渡ることは考えられない。旧居は文化の聖地である」と訴えていた。

イタリアでの報道をまとめると、文化省は取得財源確保のために「ビバ! ヴェルディ」と名付けたキャンペーンを提起、これにスカラ座など14の団体が呼応、チャリティー公演を行ってその収益を“基金”に拠出する。キャンペーンは2月のアレーナ・ディ・ヴェローナの《アイーダ》で幕を開け、スカラ座が6月の《マクベス》で締め括る。


2月10日
アレーナ・ディ・ヴェローナはフランコ・ゼッフィレッリ演出の《アイーダ》を上演。マッシミリアーノ・ステファネッリ指揮、モニカ・コネサ、イワン・マグリ、ケテバン・ケモクリッツェ、パク・ヨンジュン、アントニオ・ディ・マッテオらが出演。

2月14日
ローマ歌劇場は《レクイエム》を上演。指揮はミケーレ・マリオッティで、エレナ・スティッキナ、ステファン・ポップ、ギオルギ・マノシュヴィリが出演する。

2月23日
トリノのテアトロ・レッジョは、ウィリアム・フリードキン演出の《アイーダ》。指揮はミケーレ・ガンバで、アンジェラ・ミード、シルビア・ベルトラーミ、ゲヴォルグ・ハコブヤン、エフゲニー・スタヴィンスキー、マルコ・ミミカらが出演する。

2月26日
ボローニャ劇場がダニエル・オーレンの指揮によるガラ・コンサート「Gala Verdiano」を開催。ソリストはラトニア・ムーア、ルチアーノ・ガンチら。

3月16日
ヴェネチアのフェニーチェ歌劇場がアンドレア・ベルナルドの演出による《エルナーニ》を上演。リッカルド・フリッツァの指揮で、ピエロ・プレッティ、エルネスト・ペッティ、ミケーレ・ペルトゥーシ、アナスタシア・バルトリらが出演。

3月28日
ジェノヴァのカルロ・フェリーチェが《二人のフォスカリ》を上演する。演出はアルビス・ ヘルマニスで、指揮はレナート・パルンボ。フランコ・ヴァッサーロ、ファビオ・サルトーリ、アンジェラ・ミード、リッカルド・ファッシらの出演。

3月31日
カリアリ・オペラ劇場が、ヴェルディとチャイコフスキーのオーケストラ作品を演奏するコンサートを開催する。ジャウマ・サントンハの指揮。

4月18日
パレルモのマッシモ歌劇場がヴェルディの音楽を使った「Le allegre Comari di Falstaff」を上演する。

4月19日
トリエステ歌劇場がダニエラ・バルチェローナを迎えるコンサートを開催。

4月20日
パーリのペトゥルッツェッリ劇場は《アッティラ》を上演。出演はマルコ・ミミカ、マリア・トマッシ、クロジャン・カカニら。

5月7日
ナポリのサン・カルロ劇場で、アンナ・ピロッツィとフレディ・デ・トマーゾが出演するコンサートを開催する。指揮はジャコモ・サグリパンティ。

5月10日
フィレンツェ歌劇場がヴェルディの序曲とバレエをフィーチャーしたコンサートを開催。指揮は音楽監督のダニエレ・ガッティ。

5月26日
ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団がヴェルディをテーマにしたコンサートを開催。

6月15日
スカラ座がキャンペーンを締め括る形で《マクベス》を上演する。指揮はジャンパオロ・ビザンティ。出演はルカ・サルシ、エカテリーナ・セメンチュク、ファビオ・サルトーリら。

写真:Villa Verdi


関連記事

  1. フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

  2. ニース発 〓 ニース・フィルの首席指揮者にリオネル・ブランギエ

  3. 訃報 〓 ジョージ・クラム(92)米国の作曲家

  4. パリ発 〓 「ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門でウクライナのボーダン・ルッツが優勝、日本の竹内鴻史郎が3位に

  5. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  6. ロンドン発 〓 スターンが所有していた「ヴィヨーム」がオンライン・オークションに

  7. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  8. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 カルロ・フランチ(91)イタリアの指揮者

  10. 青島発 〓 メニューイン音楽学校が青島に中国校

  11. 訃報 〓 ロザンナ・カンテリ(89)イタリアのソプラノ歌手

  12. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  13. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  14. ニューヨーク発 〓 新制作《魔笛》指揮のナタリー・シュトゥッツマンがメトロポリタン歌劇場管に謝罪、自身の発言めぐって

  15. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。