訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ, オランダの指揮者・ピアニスト・作曲家

2020/02/16

オランダの指揮者、ピアニストで現代音楽普及の最前線で活躍したラインベルト・デ・レーウ(Reinbert de Leeuw)が14日に亡くなった。81歳だった。

アムステルダム生まれで、そこでピアノと音楽理論を学んだ後、ハーグ音楽院で作曲を学んだ。1974年に現代音楽を演奏するシェーンベルク・アンサンブルを設立、その指揮者と音楽監督を務め、メシアン、ケージ、リゲティ、ルイ・アンドリーセン、ソフィア・グバイドゥーリナ、ジェルジュ・クルタークなどの作品の紹介に尽力、数多くの録音も残している。

1960年代から現代音楽のさまざまな活動に参画、英国のオールドバラ音楽祭(1992)、米国のタングルウッド音楽祭(1994-1998)、オランダ・ナショナル・ユース・オーケストラのサマー・アカデミー(2001-2010)などの芸術監督を務め、多くの作品の初演を手掛けた。

また、ピアニストとして1970年代からサティを積極的に取り上げ、ロマンティックな側面に光を当てて再評価に繋げた。

2002年のエジソン音楽賞など受賞多数。2008年にはオランダ獅子騎士団に叙せられている。

写真:TivoliVredenburg / jelmer de haas

関連記事

  1. ロンドン発 〓 王立音楽院がパッパーノ、カウフマンに名誉博士号

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  3. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  4. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  5. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  6. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  7. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  8. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  9. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  10. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  11. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  13. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  14. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  15. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。