訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

2021/03/21

国立のオペラ・カンパニー「オペラ・オーストラリア」の首席ソプラノとして多彩な活動を続けたソプラノ歌手のタリン・フィービッグ(Taryn Fiebig)が3月20日、シドニー近郊のエリザベスベイの自宅で亡くなった。49歳だった。2017年に卵巣癌と診断されたが、2018年に舞台に戻り、治療を続けながら歌手活動を続けていた。

1972年、パースの生まれ。西オーストラリア大学でチェロを学び、その後、声楽の道に転身、2004年にヤング・アーティスト・プログラムに参加して「オペラ・オーストラリア」に加わった。クリアでしなやかな声を持ち、活気に満ちた存在感、優雅で知的な演技スキルで、主要なオペラの役割からフランスのバロック物、ミュージカルやケルト民謡まで、幅広いレパートリーで活躍した。

2010年にフリーランスとなり、2015年にはバッキンガム宮殿でチャールズ皇太子の前で御前演奏。チェロを交えた演奏に皇太子が涙を流したと話題を集めた。オーストラリア国内の優れたライブ・パフォーマンスに送られる「ヘルプマン・アワード」を、2010年にブレット・ディーンのオペラ《ブリス》、2019年にブライアン・ハワードのオペラ《変容》での歌唱で授賞している。

写真:ABC





関連記事

  1. ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

  2. ヴィースバーデン発 〓 パトリック・ランゲが任期残してヘッセン州立劇場の音楽総監督を退任、芸術総監督との方向性合わず

  3. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  4. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  6. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  7. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  8. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  9. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  10. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  11. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  12. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. リューベック発 〓 市立劇場が音楽総監督シュテファン・ヴラダーとの契約を延長

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  15. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。