訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

2021/03/21

国立のオペラ・カンパニー「オペラ・オーストラリア」の首席ソプラノとして多彩な活動を続けたソプラノ歌手のタリン・フィービッグ(Taryn Fiebig)が3月20日、シドニー近郊のエリザベスベイの自宅で亡くなった。49歳だった。2017年に卵巣癌と診断されたが、2018年に舞台に戻り、治療を続けながら歌手活動を続けていた。

1972年、パースの生まれ。西オーストラリア大学でチェロを学び、その後、声楽の道に転身、2004年にヤング・アーティスト・プログラムに参加して「オペラ・オーストラリア」に加わった。クリアでしなやかな声を持ち、活気に満ちた存在感、優雅で知的な演技スキルで、主要なオペラの役割からフランスのバロック物、ミュージカルやケルト民謡まで、幅広いレパートリーで活躍した。

2010年にフリーランスとなり、2015年にはバッキンガム宮殿でチャールズ皇太子の前で御前演奏。チェロを交えた演奏に皇太子が涙を流したと話題を集めた。オーストラリア国内の優れたライブ・パフォーマンスに送られる「ヘルプマン・アワード」を、2010年にブレット・ディーンのオペラ《ブリス》、2019年にブライアン・ハワードのオペラ《変容》での歌唱で授賞している。

写真:ABC





関連記事

  1. サンタンデール発 〓 スペインの音楽祭は8月催行へ

  2. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  3. 高雄発 〓 台湾の衛武営国立芸術文化センターが《椿姫》を上演

  4. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  5. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  6. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  7. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  8. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  9. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  10. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  12. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が新制作の《マノン》をストリーミング配信

  13. 北京発 〓 中国の“ウイルス征圧”投稿が物議

  14. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  15. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルが聴衆なしの3回のコンサートを配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。