ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

2023/01/09

英国を拠点にした音楽サイト「Bachtrack」が恒例の公演数を元にした年度ランキングを発表した。それによると、2022年の「最も忙しい指揮者」はアンドリス・ネルソンス。2018年にワレリー・ゲルギエフを抜いてから第1位をキープ、114公演を指揮している(2019年は131回)。

第2位はヤニック・ネゼ=セガンで、パーヴォ・ヤルヴィ、クラウス・マケラ、サイモン・ラトルの順。マケラがベスト5に初めて登場した他、ロシアのウクライナ侵略絡みでゲルギエフはベスト10圏外に去った。

一方、コロナ禍から立ち直る中での「最も忙しいオーケストラ」は、フィラデルフィア管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ボストン交響楽団、ウィーン交響楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の順。

ピアニストに目を転じると、公演数でトップに立つのがユジャ・ワンで、ダニール・トリフォノフ、イェフィム・ブロンフマンと続く。バイオリニストは、パトリツィア・コパチンスカヤ、ルノー・カプソン、レオニダス・カヴァコスの順。

オペラの上演ランキングは、モーツァルト《フィガロの結婚》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、モーツァルト《魔笛》、プッチーニ《トスカ》、ビゼー《カルメン》がベスト5となっている。


写真:Boston Symphony Orchestra / Aram Boghosian


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  2. ミラノ発 〓 スカラ座が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  3. 訃報 〓 アガ・ミコライ(51)ポーランドのソプラノ歌手

  4. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  5. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ響の音楽監督に

  6. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  7. ヘルシンキ発 〓 第12回「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」はヤン・インモが優勝

  8. ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

  9. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  10. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  11. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

  12. 訃報 〓 ハロルド・バッド(84)米国の作曲家、ピアニスト

  13. ボルドー発 〓 ボルドー・アキテーヌ国立管の音楽監督にジョセフ・スヴェンセン

  14. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響との契約を延長、延長は1年

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。