キーウ発 〓 ウクライナの制裁リストにアンナ・ネトレプコ

2023/01/09

ウクライナの大統領府が7日、個人を対象とする制裁リストにロシアのアーティストやメディア関係者119人を新たに加えたと発表した。オペラ界ではソプラノ歌手のアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が加えられており、ウクライナへの入国禁止、ウクライナ内の資産凍結などの制裁が科される。

ウクライナは2月末のロシアによる武力侵略後、ロシアの政府高官や政治家、軍人、経済人に対する制裁を繰り返しており、既に数百人が制裁リスト入りしている。今回のリストは、アーティストやメディア関係者を中心としたもの。

リストにその名があるのは、ネトレプコの他、映画監督ニキータ・ミハルコフやコメディアンのエフゲニー・ペトロシアン、ポップス歌手のフィリップ・キルコロフやポリーナ・ガガーリアンら。また、メディア・グループの代表なども含まれている。

ネトレプコは侵略以降、ロシアのプーチン大統領に近いとみられたことから、ミュンヘンのバイエルン州立オペラやニューヨークのメトロポリタン歌劇場など欧米の歌劇場から出演をキャンセルされ、いまなお出演を求めない歌劇場も多い。そのため、本人はSNSなどを通じて3度にわたって戦争自体を非難する声明を出している。

昨年3月の最後の声明では、大統領との関係について「お会いしたのは、私の作品が表彰された時やオリンピックの開会式など、人生で数えるほどしかありません」と否定。「ウクライナに対する戦争を明確に非難し、私の思いはこの戦争の犠牲者とその家族とともにあります。私の立場は明確です」と強調している。

また、「私はいかなる政党のメンバーでもなく、いかなる指導者とも手を結んでいません。私の過去の行動や発言が誤解される可能性があったことは認め、反省している。私はロシア政府から金銭的な支援を受けたことはなく、オーストリアに居住し、納税者でもあります」と弁明している。

ところが、そうした発言が今度は逆にロシアで反発を受け、“裏切り者”扱いされ、予定されていたコンサートがすべてキャンセルされるという逆風にさらされた。そのため、ネトレプコは2月以降は一度もロシアに戻っていない。

写真:Arena di Verona


関連記事

  1. デュッセルドルフ発 〓 デュッセルドルフ響が首席客演指揮者を務めるアルペシュ・チャウハンとの契約を延長

  2. マンチェスター発 〓 英国のハレ管弦楽団が新しい指揮者コンクール

  3. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  4. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  5. サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

  6. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  7. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス(90)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  8. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月のスペイン・ツアーをキャンセル

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  11. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のコンサートマスターにイスラエルの若手ヤメン・サーディ

  13. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  14. ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

  15. 訃報 〓 ジャンナ・ロランディ(68)アメリカのソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。