ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

2020/01/20

ソプラノ歌手のリンダ・ワトソン(Linda Watson)に1月19日、「宮廷歌手」の称号が贈られた。ワトソンはサンフランシスコで生まれの60才。ドラマチック・ソプラノを代表する歌手の一人で、ブリュンヒルデ、伯爵夫人、イゾルデ、オルトルート、ヘロディアスなどの役を得意としてきた。

彼女はこの夜、ウィーン国立歌劇場の《ローエングリン》にオルトルート役で出演しており、公演後にドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)総裁から伝達された。国立歌劇場デビューは1986年で、レナード・バーンスタインの「静かな場所」に出演した。以来、国立歌劇場には13役柄で55回のステージに立っている。

写真:Wiener Staatsoper

関連記事

  1. 訃報 〓 ケネス・ギルバート(88)カナダ出身のチェンバロ奏者

  2. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  3. 訃報 〓 斎藤雅広(62)日本のピアニスト

  4. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  5. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場の音楽総監督に英国の指揮者レオ・マクフォール

  6. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  8. 訃報 〓 ニクサ・バレザ(85)クロアチアの指揮者

  9. ライプツィヒ発 〓 指揮者界の最長老ブロムシュテットが今週末、ゲヴァントハウス管を指揮してステージに復帰

  10. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  11. ロンドン発 〓 イギリスの音楽家のビザなし渡航でEU加盟19カ国と合意と発表

  12. マルセイユ発 〓 マルセイユ・オペラの次期音楽監督にイタリアの指揮者ミケーレ・スポッティ

  13. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  15. ミラノ発 〓 スカラ座の理事会が総裁のドミニク・マイヤー、音楽監督のリッカルド・シャイーの任期を1年延長へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。