ベルリン発 〓 バレンボイムが一時的に現場復帰

2022/12/15

病気療養中のダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)が大晦日、指揮台に復帰することが明らかになった。大晦日と元旦に行われるベルリン・シュターツカペレ(=ベルリン州立歌劇場管弦楽団)のコンサートでベートーヴェンの交響曲交響曲第9番を指揮する。

バレンボイムはこの11月15日で80歳。2月の脊椎手術の後、神経系の重い病気と診断され、キャンセルが続いている。ベルリン州立オペラの新制作で10月に幕を開けた《ニーベルングの指環》の指揮をはじめ、ベルリン・シュターツカペレの11月のアジア・ツアーの指揮も断念、誕生日に予定されていた記念コンサートも中止されている。

ただ、大晦日と元旦に久々に指揮台に立った後はまた療養生活に戻るという。2023年1月にザルツブルクで行われる音楽祭「モーツァルト週間」への出演は早々にキャンセルを発表している。

写真:Staatsoper Unter den Linden


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」は2023年もネルソンス

  2. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  3. シドニー発 〓 空席だったオペラ・オーストラリアの芸術監督に演出家のジョー・デイヴィス

  4. シカゴ発 〓 シカゴ響が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ミュンヘン発 〓 ソプラノ歌手のアニヤ・ハルテロスが2024年の活動休止を発表、家族の看病に専念

  6. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  7. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ(88)イタリアのテノール歌手

  8. 訃報 〓 ヤン・クレンツ(96)ポーランドの指揮者・作曲家

  9. ベルリン発 〓 指揮者のダニエル・バレンボイムが脊椎手術、2月いっぱい休養

  10. ロンドン発 〓 作曲家の久石譲がロイヤル・フィルの「コンポーザー・イン・アソシエーション」に

  11. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  12. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が2024年の「レナード・バーンスタイン賞」をチェロのアナスタシア・コベキナに

  13. ブレーマーハーフェン発 〓 市立劇場が音楽総監督のマルク・ニーマンとの契約を延長

  14. ライプツィヒ発 〓 18代目の「トーマスカントル」にアンドレアス・ライズが就任

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。