ミュンヘン発 〓 ミュンヘン響の次期音楽監督にジョセフ・バスティアン

2022/12/09

ミュンヘン交響楽団(Muenchner Symphoniker)が次期音楽監督にジョセフ・バスティアン(Joseph Bastian)を迎えると発表した。2014年からその任にあるケヴィン・ジョン・エデュセイ(Kevin John Edusei)の後任で、任期は2023/2024シーズンから。

バスティアン1981年、フランスのフォルバック生まれの41歳。スイス系フランス人で、ザール音楽大学でトロンボーンを学んだ後、クラウディオ・アバド指揮のグスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして活動、2004年にミュンヘンを本拠地とするバイエルン放送交響楽団首席バス・トロンボーン奏者に就任した。

その後、演奏のかたわらオーケストラの首席指揮者を務めていたマリス・ヤンソンスらの薫陶を受け、2016年にロビン・ティチアーティがキャンセルした3回のコンサートを代役で指揮して大成功を収めて指揮者に転身。今シーズン2022/2023シーズンからフランスのディジョン・ブルゴーニュ管弦楽団の首席指揮者を務めている。

ミュンヘン交響楽団は1945年、ドイツの作曲家で指揮者のクルト・グラウンケによって設立された団体。当初はグラウンケ交響楽団の名称で活動、ロベルト・ヘーガーやハンス・スワロフスキー、ヴォルフガング・エーベルトといった名匠らが客演した。

1990年にミュンヘン室内管弦楽団の創設者であるクリストフ・シュテップが音楽監督を引継ぎ、現在の名称に変更。ドイツを中心としたヨーロッパ各地、アメリカ合衆国等で年間100回以上の公演を行っている。

写真:Tonhalle Düsseldorf / Susanne Diesner


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー(88)ロシアのピアニスト

  2. ミュンヘン発 〓 パーヴォル・ブレスリクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  4. 訃報 〓 イヴリー・ギトリス(98)イスラエルのヴァイオリニスト

  5. サモーラ発 〓 サモーラ歌劇祭が近隣の相次ぐ森林火災でオペラ上演を来年に延期

  6. 訃報 〓 佐藤陽子(72)日本のヴァイオリニスト

  7. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  8. バレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿の次期音楽監督にジェームズ・ガフィガン

  9. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2021年の音楽祭概要を発表、テーマは「対話」

  10. ベルリン発 〓 指揮者界の最長老ブロムシュテットが転倒、入院

  11. バイロイト・バロック 〓 音楽祭開幕、ポルポラのオペラ《カルロ・ディ・カルヴォ》で

  12. 訃報 〓 辻久子(95)日本のヴァイオリン奏者

  13. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが次期音楽監督にジャンパオロ・ビサンティ

  14. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  15. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。