ロサンゼルス発 〓 第65回「グラミー賞」発表

2023/02/06

第65回「グラミー賞」の授賞式が5日(日本時間6日)、ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで行われ、最多9部門にノミネートされたビヨンセが「最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム」他4部門で受賞した。

ビヨンセはこれまで女性アーティストとしての最多受賞記録を持っていたが、今回の4つの部受賞で受賞数32となり、指揮者のゲオルク・ショルティの31回を上回り、歴代最多受賞となった。クラシック音楽の主要部門の受賞作は以下の通り。

<最優秀録音アルバム>
 ● メイソン・ベイツ:フィルハーモニア幻想曲
  ショーン・マーフィー(エンジニア)
  チャーリー・ポスト(エンジニア)
  ゲイリー・ライドストロム(エンジニア)

<最優秀オーケストラ・パフォーマンス>
 ● フローレンス・プライス、ジェシー・モンゴメリー、ヴァレリー・コールマンの作品
  マイケル・レッパー(指揮)
  ニューヨーク・ユース・シンフォニー、他

<最優秀オペラ・レコーディング>
 ● テレンス・ブランチャード:歌劇《Fire Shut Up in My Bones》
  ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)
  エンジェル・ブルー(ソプラノ)
  メトロポリタン歌劇場管弦楽団、他
 
<最優秀合唱パフォーマンス>
 ● ボーン
  ドナルド・ナリー(指揮)
  クロシング

<最優秀室内音楽 – 小編成パフォーマンス>
 ● キャロライン・ショウ:エバーグリーン
  アタッカ四重奏団

<最優秀クラシック・インストゥルメンタル – ソロ>
 ● 未来への手紙
  タイム・フォー・スリー
  張弦(シャン・ジャン、指揮)
  フィラデルフィア管弦楽団

<最優秀クラシック・ヴォーカル・アルバム – ソロ>
 ● ボイス・オブ・ネイチャー
  ルネ・フレミング(ソプラノ)
  ヤニック・ネゼ=セガン(ピアノ)

<最優秀コンテンポラリー・クラシック・コンポジション>
 ● ケビン・プッツ:プッツ コンタクト
  タイム・フォア・スリー
  張弦(シャン・ジャン、指揮)
  フィラデルフィア管弦楽団

写真:Grammy Award


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」は2023年もネルソンス

  2. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン(83)米国のバレリーナ

  3. ドレスデン発 〓 フラウエン教会の「アドヴェント・コンサート」は無観客で

  4. ベルリン発 〓 ヨアナ・マルヴィッツがベルリン・コンツェルトハウス管の次期首席指揮者に

  5. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  6. ロンドン発 〓 英国のクラシック音楽雑誌「グラモフォン」の「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」一般投票始まる

  7. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立劇場が新制作の《ラインの黄金》をライブ・ストリーミング

  8. ハンブルク発 〓 フィンランドの俊英タルモ・ペルトコスキが老舗レーベル「ドイツ・グラモフォン」と契約

  9. 訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー(92)チェコ出身の指揮者

  10. ワルシャワ発 〓 アントニ・ヴィトの80歳の誕生日コンサートに気候活動家が乱入

  11. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  12. 訃報 〓 ヤン・クレンツ(96)ポーランドの指揮者・作曲家

  13. 訃報 〓 ハンス=ギュンター・ネッカー(92)ドイツのバス歌手

  14. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  15. 訃報 〓 イヴァン・モズゴヴェンコ(97)ロシアのクラリネット奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。