訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

2020/08/14

イギリスのギタリスト、ジュリアン・ブリーム (Julian Bream) が14日、イングランド南西部のウィルトシャーの自宅で亡くなった。87歳だった。20世紀を代表するギタリストの一人で、ルネサンス以前の音楽の演奏ではパイオニア的な存在。

ロンドン南部の生まれで、父親とボリス・ベレットからギターを学んでロンドンの王立音楽院に進んだが、ギター専攻がなかったことから、チェロとピアノを学んだ。同時に独学でリュートの奏法を習得した。

1947年にスペインの巨匠ギタリスト、アンドレス・セゴビアに師事。1950年に10代でデビューした後、兵役に就いたが、演奏活動を再開させると、瞬く間に頭角をあらわし、30代に入る頃には時代をリードするギタリストと目されるまでになった。1959年には「ジュリアン・ブリーム・コンソート」を結成した。

スペインのアーティストが多かった時代に、普遍的な音楽性をギター演奏に持ち込み、端正な表現を重視。ソロの演奏だけでなく、ジョン・ウィリアムズとの演奏は20世紀を代表するギター・デュオと評され、テノール歌手のピーター・ピアース、チェンバリストのジョージ・マルコムらジャンルを超えた共演でも知られる。

交通事故の後遺症もあり、1990年代後半から徐々に技術が衰えて2000年には引退した。音楽界における長年の貢献に対して、イギリスではOBE(大英帝国勲章勲士賞)に叙されている他、ヴィラ=ロボス・ゴールドメダルなど、受章多数。

写真:Michael Putland





関連記事

  1. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  2. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  3. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  4. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」予備予選の開催延期

  5. ロンドン発 〓 苦境に立つ夏の音楽祭、さらに二つのオペラ・フェスティバルが開催断念

  6. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  7. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  8. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  9. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  10. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  11. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  12. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  13. 青島発 〓 メニューイン音楽学校が青島に中国校

  14. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  15. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。