訃報 〓 ウド・ツィンマーマン(78)作曲家

2021/10/25
【最終更新日】2023/02/06

ドイツの作曲家ウド・ツィンマーマン(Udo Zimmermann)が10月22日、ドレスデンで亡くなった。78歳だった。学生時代からオペラ《白いバラ》を発表して作曲家として活動する一方、ライプツィヒ市立歌劇場やベルリン・ドイツ・オペラの総監督を務め、指揮者、音楽学者としても活躍した。

1943年、ドレスデンの生まれ。聖十字架のメンバーとして活動した後、カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽院で学び、学生時代から作曲活動をスタート。1968年には、ナチス政権下に対するレジスタンス運動で犠牲になったゾフィー・ショルと兄のハンスをテーマにしたオペラ《白いバラ》を発表、大きな話題をさらった。

その後も旺盛な作曲活動を展開。1974年にドレスデンで「新しい音楽」というスタジオを設立して、東ドイツを代表する作曲家の一人に。スタジオは1986年に「ドレスデン現代音楽センター」となり、2004年に「ヨーロッパ芸術センター」に発展的に改組され、ツィンマーマンは2008年まで芸術監督を務め、振付師のウィリアム・フォーサイスと共同作業に取り組んだ。

拠点はずっとドレスデンで、1993年から1995年にはザルツブルク音楽祭の「コンポーザー・イン・レジデンス」を務め、1997年から2011年にかけてミュンヘンのバイエルン放送で「ムジカ・ビヴァ」という番組シリーズの芸術監督を務め、在任14年間に数多くの新作を紹介している。

1978年からは母校の作曲科の教授も兼任。その後、ライプツィヒ市立歌劇場(1990-2001)やベルリン・ドイツ・オペラ(2001-2003)の総監督を務めた。指揮者としても、ヨーロッパのさまざまなオーケストラに客演、また歌劇場の指揮台に立っている。

写真:Robert Michael


関連記事

  1. 東京発 〓 日本フィルが2024/2025シーズンの定期演奏会のラインナップを発表

  2. アムステルダム発 〓 オランダは全土で部分的なロックダウンへ

  3. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  4. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  5. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  6. シカゴ発 〓 米国の音楽サイトがシカゴ響の次期音楽監督を予想、マリン・オールソップら6人の名前

  7. ナポリ発 〓 裁判所がステファン・リスナーの復職認める、サン・カルロ劇場の総裁ポストめぐり

  8. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」はピアノのイサタ・カネー=メイソンに

  9. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  10. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルがウクライナに連帯するチャリティー・コンサート開催へ、指揮はラハフ・シャニ

  11. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  12. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  13. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  14. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  15. パリ発 〓 米国のソプラノ歌手リセッテ・オロペサにフランス政府の「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。