バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

2020/03/04

ブリュンヒルデを歌って音楽祭デビューする予定だった米国のソプラノ歌手クリスティーン・ゴーキー(Christine Goerke)が降板することになった。代役はイレーネ・テオリン(Iréne Theorin)が務める。

降板の理由は、長いリハーサルすべてに参加できないこと。音楽祭は今年から、バレンタイン・シュワルツの新演出による新しい《ニーベルングの指環》の上演が行われるが、そのためには例年以上の長いリハーサル時間が必要になる。

ゴーキーは2018/19シーズンにニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でブリュンヒルデを歌っている俊英。今年は降板するが、音楽祭は引き続き、ゴーキーに対して2023年の《トリスタンとイゾルデ》への出演を依頼しているという。

写真:Metropolitan Opera / Richard Termine

関連記事

  1. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  2. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  3. 訃報 〓 カーライル・フロイド, アメリカの作曲家

  4. ドレスデン発 〓 モーリッツブルク音楽祭が開幕

  5. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  7. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル管、ボリショイ劇場の音楽監督を辞任。ロシアのウクライナ侵略で態度表明求められ

  8. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  9. リヴィウ発 〓 指揮者オクサーナ・リーニフが結婚

  10. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  11. ミラノ発 〓 12月7日のシーズン開幕は無観客でスペシャル・ガラ・コンサート

  12. ウィーン発 〓 オーストリアが22日から再び完全なロックダウン、劇場は閉鎖

  13. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

  14. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立歌劇場が新制作の《ボリス・ゴドノフ》上演取り止め、ロシアのウクライナ侵略で

  15. 高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。