バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

2020/03/04

ブリュンヒルデを歌って音楽祭デビューする予定だった米国のソプラノ歌手クリスティーン・ゴーキー(Christine Goerke)が降板することになった。代役はイレーネ・テオリン(Iréne Theorin)が務める。

降板の理由は、長いリハーサルすべてに参加できないこと。音楽祭は今年から、バレンタイン・シュワルツの新演出による新しい《ニーベルングの指環》の上演が行われるが、そのためには例年以上の長いリハーサル時間が必要になる。

ゴーキーは2018/19シーズンにニューヨーク・メトロポリタン歌劇場でブリュンヒルデを歌っている俊英。今年は降板するが、音楽祭は引き続き、ゴーキーに対して2023年の《トリスタンとイゾルデ》への出演を依頼しているという。

写真:Metropolitan Opera / Richard Termine

関連記事

  1. イスタンブール発 〓 パトリック・ハーンがトルコのボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団の次期芸術顧問兼首席客演指揮者に

  2. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン, 米国のソプラノ歌手

  3. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  4. ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

  5. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  6. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  7. テルアビブ発 〓 若手歌手のための「オペラリア 2020」が中止を発表

  8. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  9. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  10. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  11. エレバン発 〓 ハチャトゥリアン国際コンクールの指揮部門で出口大地が第1位

  12. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  14. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  15. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。