ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

2021/03/31
【最終更新日】2021/04/01

クラシックの名門レーベル「デッカ」がフィンランドの若手指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)と専属契約を結んだことを発表した。指揮者との契約は1978年、リッカルド・シャイー(Riccardo Chailly)と結んで以来、約40年ぶり。

マケラは現在25歳。昨シーズン2020/2021シーズンからノルウェーのオスロ・フィルハーモニー管弦楽団に首席指揮者を務め、2022/2023シーズンからはダニエル・ハーディングの後を受けて、パリ管弦楽団の音楽監督に就任することが決まっている。

第1弾の録音は、オスロ・フィルとのシベリウスになるとか

写真:Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks / Astrid Ackermann


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  2. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  3. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  4. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  5. パリ発 〓 医療従事者の写真をバスティーユ歌劇場の壁面に、パリ国立オペラ

  6. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  7. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  8. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  9. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  10. フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

  11. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  12. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  13. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  14. ハイファ発 〓 ハイファ交響楽団の次期音楽監督にヨエル・レヴィ

  15. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。