ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

2021/03/31
【最終更新日】2021/04/01

クラシックの名門レーベル「デッカ」がフィンランドの若手指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)と専属契約を結んだことを発表した。指揮者との契約は1978年、リッカルド・シャイー(Riccardo Chailly)と結んで以来、約40年ぶり。

マケラは現在25歳。昨シーズン2020/2021シーズンからノルウェーのオスロ・フィルハーモニー管弦楽団に首席指揮者を務め、2022/2023シーズンからはダニエル・ハーディングの後を受けて、パリ管弦楽団の音楽監督に就任することが決まっている。

第1弾の録音は、オスロ・フィルとのシベリウスになるとか

写真:Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks / Astrid Ackermann


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  2. ナント発 〓 大聖堂火災でボランティアの男、放火認める

  3. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が無料のストリーミング配信を開始、その名も“ストリーミング・フェスティバル”

  4. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  5. グラインドボーン音楽祭 〓 2022年の上演オペラのラインナップを発表

  6. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  7. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが夏の公演を断念、新型コロナウイルスの感染拡大で

  8. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  9. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  10. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  11. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  12. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  13. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  14. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  15. 訃報 〓 ユーリ・アルペルテン, エストニアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。