ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

2021/03/31
【最終更新日】2022/01/21

クラシックの名門レーベル「デッカ」がフィンランドの若手指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)と専属契約を結んだことを発表した。指揮者との契約は1978年、リッカルド・シャイー(Riccardo Chailly)と結んで以来、約40年ぶり。

マケラは現在25歳。昨シーズン2020/2021シーズンからノルウェーのオスロ・フィルハーモニー管弦楽団に首席指揮者を務め、2022/2023シーズンからはダニエル・ハーディングの後を受けて、パリ管弦楽団の音楽監督に就任することが決まっている。

第1弾の録音は、オスロ・フィルとのシベリウスになるとか。

写真:Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks / Astrid Ackermann


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  2. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  3. ロンドン発 〓 オペラ・フェスティバル「ガーシントン・オペラ」が2021年上演の《薔薇の騎士》をストリーミング配信

  4. ブリュッセル発 〓 名ホール、パレ・デ・ボザールで火災

  5. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  6. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  7. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチがワロン王立オペラの音楽監督を退任

  8. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  9. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  10. ルツェルン発 〓 夏の音楽祭の中止決まる

  11. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  12. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  13. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  15. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。