訃報 〓 ヘルムート・ヴィンシャーマン(101)ドイツの指揮者・オーボエ奏者

2021/03/06
【最終更新日】2023/02/06

ドイツの指揮者ヘルムート・ヴィンシャーマン(Helmut Winschermann)が4日、ボンの自宅で亡くなった。101歳だった。オーボエ奏者から指揮者に転じ、ドイツ・バッハ・ゾリステンを率いてバッハを始めとするバロック音楽の普及に尽力した。また、多くの後進を育てたことで知られる。

ルール地方ミュールハイムの生まれ。エッセンとパリでオーボエを学び、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団などのソロ奏者を務めた後、1960年にドイツ・バッハゾリスデンを創立。その後、50年にわたって芸術監督を務め、バッハの解釈、演奏で世界的な演奏団体に育て上げた。

そのかたわら、デトモルトにある北西ドイツ音楽院教授として多くの門下生を育てたことでも知られ、日本の演奏家では宮本文昭、安原理喜、北島章たちが門下から巣立っている。90歳を超えてない演奏活動は衰えず、2012年には東京、大阪で有志の音楽家を集めてヨハネ受難曲の演奏に取り組んでいた。

録音も多く、複数のレーベルで100タイトル以上がリリースされており、長年の功績が称えられ、ドイツ政府の一等功労十字勲章の他、エディソン賞、グスタフ・マーラー賞、ドイツ・ヘンデル賞など受賞多数。ロンドン王立音楽アカデミーからも「名誉会員」の称号を贈られている。

写真:Kiyotane Hayashi


関連記事

  1. 訃報 〓 テオ・アダム(92)ドイツのバス・バリトン歌手

  2. ベルリン発 〓 バレンボイム入院長引き、5月のウェスト=イースタン・ディヴァン管のツアーの指揮をキャンセル

  3. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  4. ロンドン発 〓 ロンドン響に二人の新しいコンサートマスター

  5. シドニー発 〓 海辺のテラス・レストランに急降下するカモメ対策にパトロール犬

  6. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ペルミ発 〓 ペルミ・オペラ・バレエ劇場の次期音楽監督に29歳のミグラン・アガザニアン

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード」が2022年の年間賞のノミネートを発表

  10. 東京発 〓 東京都交響楽団が首席客演指揮者のアラン・ギルバートとの契約を延長

  11. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  12. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  13. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  14. ベルリン発 〓 バレンボイムが一時的に現場復帰

  15. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。