訃報 〓 イヴリー・ギトリス, イスラエルのヴァイオリニスト

2020/12/25

イスラエルのヴァイオリニスト、イヴリー・ギトリス(Ivry Gitlis)が24日、パリの自宅で亡くなった。98歳だった。イヴリーはヘブライ語でヘブライを意味する。大胆に表情を付ける個性の強い演奏、独特の音色、そして無頼なキャラクターでならし、現役最長老として最近まで活動を続けていた。

1922年にイスラエル・ハイファで生まれ、両親はロシア系ユダヤ人。7歳でブロニスラフ・フーベルマンに見出されてフランスに渡り、12歳でパリ音楽院を首席で卒業した。その後、ジョルジュ・エネスコ、ジャック・ティボー、カール・フレッシュらの下で研鑚を積んだ。デビュー後の1951年、ロン=ティボー国際音楽コンクールに入賞。その後、世界各地で演奏を繰り広げ、レコーディングにも旺盛に取り組んだ。

また、社会活動にも積極的に関わり、ユネスコ親善大使も務めている。2011年の東日本大震災の時にも震災直後に来日して、仙台や石巻で慰問演奏を行っており、外務省から感謝状が贈られている。日本ではたびたび別府アルゲリッチ音楽祭に客演していた。使用楽器は1713年製ストラディヴァリウス‘Sancy’。

写真:www.facebook.com/GitlisIvry/





関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  3. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  4. ボン発 〓 ベートーヴェン国際ピアノ・コンクールは予定通り12月開催

  5. 訃報 〓 アントン・コッポラ, 米国の指揮者・作曲家

  6. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  7. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「Oper Magazin」が年間賞を発表

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  9. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  10. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  11. マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

  12. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが駐車場で《ラインの黄金》を上演

  14. 東京発 〓 新国立劇場も閉鎖

  15. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。