オストラヴァ発 〓 ヤナーチェク・フィルの次期芸術監督にロシアの指揮者ダニエル・ライスキン

2024/05/03

チェコ東部オストラヴァを本拠地とするヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団オストラヴァ(Janáčkova filharmonie)が次期芸術監督にロシアの指揮者ダニエル・ライスキン(Daniel Raiskin)を迎えると発表した。任期は2024/2025シーズンからで、2020年からその任にあるヴァシリー・シナイスキーの後任。

ライスキンはロシアのサンクト・ペテルブルク生まれの54歳。故郷の音楽院でヴィオラを専攻した後、指揮者に転身。その後、アムステルダムとフライブルクで研鑽を積んだ。2018/2019シーズンからカナダのウィニペグ交響楽団の音楽監督を務めている他、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団(2020ー2024)の首席指揮者を務めた。

写真:Slovenskej filharmónie / Dariusz Kulesza


関連記事

  1. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  2. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが芸術監督ソボトカ、音楽総監督ティーレマンの最初のシーズン2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールが延期を発表

  4. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  5. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. パリ発 〓 ドゥダメル、2022/2023シーズンでパリ国立オペラの音楽監督を辞任

  8. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル管、ボリショイ劇場の音楽監督を辞任。ロシアのウクライナ侵略で態度表明求められ

  9. ブダペスト発 〓 ハンガリー放送響の次期首席指揮者にリッカルド・フリッツァ

  10. リンツ発 〓 マルクス・ポシュナーがブルックナー管の首席指揮者を2026/2027シーズンで退任

  11. ニューヨーク発 〓 エマーソン弦楽四重奏団が2023年夏の解散を発表

  12. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場の次期芸術監督にグラーツ歌劇場のノラ・シュミット

  13. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが宮本亞門新演出の《蝶々夫人》の上演を順延、スタッフに新型コロナの感染者出て

  14. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  15. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。