ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 2021年の「バッハ・メダル」は初めて二人の音楽学者に

2021/01/12

ライプツィヒ・バッハ音楽祭が、2021年の「バッハ・メダル」はバッハ研究を功績を上げた学者二人に贈られると発表した。メダルは2003年の創設。作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)の研究、演奏で功績を上げた人物に対して、音楽祭の一環としてライプツィヒ市から授与されている。音楽家ではなく、学者が授賞するのは初めて。

授賞するのは、ハンス・ヨアヒム・シュルツェ (Hans-Joachim Schulze)、クリストフ・ヴォルフ(Christoph Wolff)という歴代のバッハ・アルヒーフ・ライプツィヒの所長を務めた二人。シュルツェは1934年、ライプチヒ生まれの86歳。ヴォルフは1940年、ゾーリンゲン生まれの80歳。二人は1975年から2005年にかけて、バッハ年鑑の刊行を共同で手掛けた。授賞式は6月17日、音楽祭期間中に授与される。

シュルツェはライプツィヒ音楽院、ライプツィヒ大学で音楽学などを学び、バッハの1750年から1800年の記録を追った1973年の論文でハンス・アイスラー賞を受賞。その後、1974年から1979年にかけてバッハ・アルヒーフ・ライプツィヒの所長を務め、1975年からバッハ年鑑の刊行を担当。1992年からは再び所長を務め、1993年にはライプツィヒ音楽・劇場大学の名誉教授。2006年にはバッハのすべてのカンタータを紹介した著作を発表している。

一方、ヴォルフはベルリン、エルラーゲン、フライブルクの大学で、オルガン、歴史的鍵盤楽器、音楽学、美術史を学んで、トロント、プリンストン、コロンビアの大学で音楽史を教えた後、1976年にハーバード大学の音楽学教授となり、その後、音楽学部長、芸術・科学大学院学長を歴任した。2001年から2014年にかけ、シュルツェの後を受け、バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒの所長を務めた。

写真:Bach-Archiv Leipzig / Jürgen Kunstmann


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. バイロイト発 〓 「バイロイト・バロック」が復活!

  2. ベルリン発 〓 メルケル政権、コンサートなどのイベントは8月末まで禁止

  3. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  5. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  6. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  7. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  8. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  9. バイロイト・バロック 〓 音楽祭開幕、ポルポラのオペラ《カルロ・ディ・カルヴォ》で

  10. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 今年は5月21日に開幕

  11. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  12. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  13. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

  14. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 2021年は会期短縮、《トゥーランドット》の上演は中止

  15. ルツェルン音楽祭 〓 短期集中演奏会「Life Is Live」を14日からスタート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。