ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 2021年の「バッハ・メダル」は初めて二人の音楽学者に

2021/01/12

ライプツィヒ・バッハ音楽祭が、2021年の「バッハ・メダル」はバッハ研究を功績を上げた学者二人に贈られると発表した。メダルは2003年の創設。作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)の研究、演奏で功績を上げた人物に対して、音楽祭の一環としてライプツィヒ市から授与されている。音楽家ではなく、学者が授賞するのは初めて。

授賞するのは、ハンス・ヨアヒム・シュルツェ (Hans-Joachim Schulze)、クリストフ・ヴォルフ(Christoph Wolff)という歴代のバッハ・アルヒーフ・ライプツィヒの所長を務めた二人。シュルツェは1934年、ライプチヒ生まれの86歳。ヴォルフは1940年、ゾーリンゲン生まれの80歳。二人は1975年から2005年にかけて、バッハ年鑑の刊行を共同で手掛けた。授賞式は6月17日、音楽祭期間中に授与される。

シュルツェはライプツィヒ音楽院、ライプツィヒ大学で音楽学などを学び、バッハの1750年から1800年の記録を追った1973年の論文でハンス・アイスラー賞を受賞。その後、1974年から1979年にかけてバッハ・アルヒーフ・ライプツィヒの所長を務め、1975年からバッハ年鑑の刊行を担当。1992年からは再び所長を務め、1993年にはライプツィヒ音楽・劇場大学の名誉教授。2006年にはバッハのすべてのカンタータを紹介した著作を発表している。

一方、ヴォルフはベルリン、エルラーゲン、フライブルクの大学で、オルガン、歴史的鍵盤楽器、音楽学、美術史を学んで、トロント、プリンストン、コロンビアの大学で音楽史を教えた後、1976年にハーバード大学の音楽学教授となり、その後、音楽学部長、芸術・科学大学院学長を歴任した。2001年から2014年にかけ、シュルツェの後を受け、バッハ・アルヒーフ・ライプツィヒの所長を務めた。

写真:Bach-Archiv Leipzig / Jürgen Kunstmann


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  2. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  3. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  5. ミュンヘン発 〓 ゲルントナープラッツ州立劇場の次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー

  6. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  7. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  8. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  9. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  10. ハレ・ヘンデル音楽祭 〓 2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《トリスタンとイゾルデ》を31日にライブ・ストリーミング

  13. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー, ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  14. 訃報 〓 ミヒャエル・ギーレン, ドイツの指揮者

  15. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月開催も、ネトレプコの出演はかなわず

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。