トロント発 〓 グスターボ・ヒメノが音楽監督を務めるトロント響との契約を延長

2022/11/22

創立100周年を迎えているカナダのトロント交響楽団が音楽監督を務めるスペイン人指揮者、グスターボ・ヒメノ(Gustavo Gimeno)との契約を延長した。ヒメノは2020/21シーズンからその任にあり、今回の契約更改で任期は2029/2030シーズンまで延びる。

ヒメノはスペイン・バレンシアの生まれの46歳。スペインで学んで、オランダ・アムステルダムのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席打楽器奏者に就任。その後、アムステルダム音楽院で指揮を学んで転身した。

2015年からルクセンブルク交響楽団の音楽監督を務めている他、2025/2026シーズンから任期5年で、母国スペインのマドリッド王立劇場(テアトロ・レアル)の音楽監督に就任することが決まっている。

写真:Marco Borggreve


関連記事

  1. ロンドン発 〓 マリン・オールソップがフィルハーモニア管の首席客演指揮者に

  2. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  3. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  5. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールが「ブラインド審査」導入へ

  6. ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

  7. レイキャビク発 〓 ワーグナー《ワルキューレ》のアイスランド初演がお流れに

  8. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  9. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  10. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ(86)ポーランドの作曲家

  11. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が演奏会形式による“リング・チクルス”、オーケストラによる通し上演は全米初

  12. 訃報 〓 カラン・アームストロング(79)米国のソプラノ歌手

  13. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ニューヨーク発 〓 指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスが11月に現場復帰

  15. ワルシャワ発 〓 ポーランドもロックダウンへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。